フィレンツェの朝 不幸は続く・・・?

朝、5時に目が覚めた。空腹で眠れないのだ。夫はそのまま起きたが、私は今日1日を思う存分楽しむため、体力温存?無理やり6時まで寝た。
朝食開始の7時半にレストランへ。思ったよりも種類が多い。ハム、チーズ、パン、マチェドニア(フルーツポンチ)、ヨーグルト・・・、最後はエスプレッソを頂く。その後コーヒーも頼んだところ、気前良く2ポットサービスされたのだが、ぬ、ぬるい・・・(-"-)空いていたので気軽に頼んだが、いけなかった?

朝食後はさっさと身支度を整え、フロントで精算を済ませる。Europcarの営業所の場所を確認し、いざ出発!

地図を見ながら歩く。思ったよりも遠い。そしてフィレンツェにいるという感じは全くない。昨日の不運が続いているのか?営業所の近くまでは来ているのに見つからない。それもそのはず、意外にも地下にあった。ホッとしたのも束の間、営業所は鍵がかかっていて入れず、その前におじさんが座っていた。予約確認書を見せると、「営業所の人は、予約時間の8時には来ていたが、私達が来ないので、どこかに行った。」と教えてくれた。8時に予約したということ自体忘れていたが、そもそも営業時間内なのに何故留守?!その後電話を掛けてもらったが、なかなか来ない。。。昨日に続き、雲行きが怪しくなってきた。40分ほど待つと、ようやく営業所のおじさん登場。

ヨーロッパカーのフィレンツェ・NOVOLI営業所入口

ピサへ ドライブ開始!

ここから今までの空気が一変した。 おじさんはすごく親切で、今からPISAに行くと話したら、必要な地図をコピーして、マーカーで行程を書き込んでくれたり、車の操作やガソリンの種類も丁寧に説明してくれたりもした。夫と「Senza Piombo!(直訳:鉛無し→ガソリン車)」と盛り上がっていたのが印象的。夫が説明を理解するたびに「ブラボー!」と褒める姿も面白い。

すっかり気分が良くして出発。Pisaまではアウトストラーダでいく予定だったが、おじさんのお勧めの「無料」コース、Fi-Pi-Li(Firenze-Pisa-Livornoの略らしい)と呼ばれる道路で行くことに決定。

ちょっとドキドキ、すごくワクワクしながら地上へ出る。さすがにフィレンツェは都会だ。ラッシュ時でなくても車は多い。おじさんの説明通りに走りると、スムーズにFi-Pi-Liにのれた。特に景色が美しいわけではないが、何となく写真を撮ってしまう。

サン・ミニアート付近のサービスエリアで少しだけ休憩、AUTOGRILLでエスプレッソを飲み、水やジュースを買った。ドライブは便利だが、いつ渋滞に巻き込まれるかわからないため、多少の飲食物は必須だ。ちなみに朝食時のレストランで、リンゴとラスクもどきを頂いてきた。

その後も特に問題はなかったが、ピサ出口でちょっと渋滞。このままピサの斜塔まで混んでたら・・・と、やや凹むが、比較的短かった。PI-FI-LI出口からピサの中心地までは、アウレリア街道を走る。日本でいうなら旧東海道のようなもの。そのせいか街路樹が松っぽくみえる。なんて思いながら外を見ていたら、斜塔だ!ボルテージ急上昇。

FI-PI-LIでピサへ向かう

サン・ミニアートSAのAUTOGRILLで休憩

Pisa ピザ

眩しすぎるピサ

斜塔に近い駐車場に停めたかったが、混んでそうな気がしたので、次に見つけた駐車場に停めた。有料か無料かがわからなかったので、何もしないで歩き始める。北東の門から城壁内に入ると、すぐに斜塔が見えた。興奮状態で、少し進んでは写真を撮る始末。

ついにドゥオモ広場に到着。今まで撮った写真が無駄に思えるくらい、美しく、眩しい。緑の絨毯に、白く輝く大理石の建造物がそびえる。しかも空は真っ青だ。

ここで1つ重要なミッションがある。それは斜塔見学チケットを購入すること。基本的には予約制なのだが、気がついて予約サイトを見たときには「15日前」までの購入期限を過ぎていたのだ。心配しつつ斜塔近くのチケット売場へ行く。良かった!空いている。13時20分のチケットを購入した。

その後ドゥオモ北側のお手洗いへ。入口で使用料を払う。さすが世界の観光地、広い。

 

ピサ到着

ランチ 海の幸を楽しもう!

ミッションを遂行したら、お腹がすいた(笑)。斜塔から近いローマ通りのRistorante Duomoに入る。予想外にシーフードのメニューが多い。トスカーナというと丘陵地帯を想像するが、ピザは海に近かった。

本日お勧めのシーフードパスタ2種類と、ミネラルウォーター、白ワインを注文。えっ?運転するのにアルコール!?イタリアではOKらしい。 肝心のお味はというと、Buono! 幸せの一言に尽きる。

リストランテ・ドゥオモでランチ

手長エビのフェットチーネ

ピサの斜塔 

チケット売場の隣でカメラ以外の荷物を預ける。そして斜塔の入口前に集合。ガイド付きで所要時間は約35分。といってもガイドさんが話しをするわけではない。どちらかというと放牧されてる羊の群れを追う牧場犬の役目。観光客は感激して、なかなか下りようとしないから。

ピサの斜塔入口 ピサの斜塔 大理石の階段を上る ピサの斜塔内見学 景色が素晴らしいぃ

斜塔の見所はいろいろあるが、特に気に入ったのは、間近でみるドゥオモ、圧巻だ。最上階からは美しいピザの街が一望でき、本当に爽快な気分。もっと居たかったが、ガイドさんに促されて降りた(^_^;)

斜塔内は傾きがあるだけではなく、階段が轍のように、人が歩いたところが凹んでいるので、ちょっと歩きにくい。靴には注意を。

ピサの斜塔から見たドゥオモ 誰もが試みる?ピサの斜塔を支えるポーズ

ここはどこ?

ピサの斜塔見学後は、南へ向かってのんびり歩く。暑いなぁ〜と思いながら、ストレット通りを歩いていると、おやっ、こんなところに素敵なお店が♪ジェラードを購入。暑いので喉にスーッと入っていく。Buono!

アルノ川まで来たところで、天気がやや怪しくなってきたので、駐車場へ戻ることにした。ところが、なかなか到着しない。気がつけば住宅街。ひょっとして迷ってる?ここで夫にナビ担当を交代してもらい、なんとか到着。正直、歩き疲れた。。。

サン・ミニアート ピンクの紙が・・・

ピサから直接サン・ジミニャーノへ行くのは、ちょっと遠い。で、中間地点のサン・ミニアートへ立ち寄ることに。行きと同じ行程を戻り、Fi-Pi-Liにのる。その後は「San・ Miniato」の標識を目指して走った。

到着したものの、どこに停めようか。ちょうど路肩の駐車帯が空いていた。インフォメーションで地図を頂き、15分ほど散策して戻る。車まで50mという時にパトカーとすれ違った。「なんか嫌な予感がするね。」と私。こんな時に限って予感的中!ピンクの紙がバンパーに!!イタリア語なので内容は分からないが、38ユーロの文字だけは読めてしまう。その時視界の中に別のパトカーが入った。ちょっと停めただけでしょっ!と往生際悪く、紙を持って駆け寄る私。「これを書いたのは自分じゃないし、ブルーラインは有料だ。」と冷たい一言。

ちょっと格好悪かったが、再びインフォメーションに行くと、町外れにある警察署で罰金を支払うように言われる。不幸はまだ続くのか。警察署が見つからない。。。結局、また別のパトカーを見つけ、その警官にお・し・は・ら・いした(-_-;)

サン・ミニアート 駐車場から町の中心へは、このエレベーターで上がる

駐車場エレベーター

サン・ジミニャーノへ

気を取り直し、今日の宿泊地であるサン・ジミニャーノへ向かう。事前にネットで検索したミシュラン・マップと道路標識を頼りに走る。別段珍しいという景色ではないが、電車と平行して走ることができ、ちょっと嬉しい。

サン・ジミニャーノは、世界遺産だが、なかなか「San Gimignano」という標識が現れない。過去にも経験済みだが、人口の少ない町の場合、それなりに近付かないと標識はない(日本でも同じだと思うが)。

サン・ミニアートを出発してから45分経ったころ、見えた!塔の町サン・ジミニャーノ

サン・ジミニャーノへ

サン・ジミニャーノ San Gimignano

Hotel L'Antico Pozzo

サン・ジミニャーノ到着の次の課題は、ホテル到着。よくあることだが、町までは比較的問題なく着けるが、ホテルまで辿り着くのが難しい。

サン・ジミニャーノの南側から城壁に沿って時計回りに走ると、北北東辺りに門があり、そこから城壁内へ入る。Via Folgore da San Gimignanoを進み、Via san Matteoと交差するところに、「Hotel L'Antico Pozzo」の看板があった。

看板の矢印通り左に曲がると、結構な人通りだ。えっ、どこ?と思った瞬間、どこかのおじさんが窓を叩く。開けると、「どこに行きたいのか?」と聞いてくるので、ホテルの名前を見せる。答えは「そこ」。そう、すぐそこだった。

Happy Birthday♪

チェックインするため、パスポートを渡す。すると、「はっぴぃ〜ば〜すで〜」と祝福される。今日は私の誕生日だった。忘れていた。そして夫も忘れていた(怒)

その後、フロントで2日間(48時間)駐車券(詳しくはこちらの説明参照)を購入し、教えていただいたとおりにPARKING3へ向かう。PARKING3は城壁外にあるが、ホテルから一番近い。

ホテルに戻ると、部屋に案内される。私達の部屋は2Fだ。スタッフがドアを開けた瞬間、思わず溜息をつく。なんて素敵なお部屋!バースデープレゼントだ!と勝手に思い込む。

 

サン・ジミニャーノ サン・マッテオ通り

ホテル付近のサン・マッテオ通り

 

ランティコ・ポッツォ

広くて素敵なお部屋♪

バースデーディナーは猪三昧

暫く休憩した後、町を散歩する。お店の数は決して多くはないが、内容は充実している。買うのは明日以降の予定だが、チェックに余念が無い。そしてもちろん、レストランのチェックも。

今日のディナーは「Il Castello」に決定。決め手は外観。中世の雰囲気を味わえる、とても素敵なレストランだ。

メニューは、
・アンティパスト・トスカーナ
 (生ハムやサラミなどトスカーナを代表する前菜の盛り合わせ)
・フィットチーネ・アッラ・チンギアーレ
 (こちらも名物料理、猪ソースパスタ)
・猪角切り肉の煮込み

など猪三昧。もちろんワイン、ミネラルウォーターも注文。完食!といきたかったが、無理っ!猪はなかなかヘビーだ。

サン・ジミニャーノの夕暮れ

Data

行程

08:20 ホテル出発
08:52
10:00
ヨーロッパカー
10:40
10:45
San・Miniato SA
休憩
11:20 ピサ出口
(渋滞)
11:40 ピサ駐車場
12:30 ランチ
Ristorante Duomo
13:20
14:00
ピサの斜塔見学
14:20 SALZA
(ジェラード)
15:08 ピザ駐車場出発
15:38
15:48
Cascina SA
休憩
16:10
17:15
San・Miniato
見学???
18:10 サン・ジミニャーノ
ホテル到着

天候

フィレンツェ:晴
ピサ:晴
サン・ジミニャーノ:晴時々曇

気温

未確認(最高20数度位)

食事

昼食:

ristorante Duomo
Via Roma 70, Pisa

カフェ(ドルチェ):

SALZA
Borgo Stretto 40, Pisa

夕食:

Il Castello
Via del Castello,
San Gimignano

宿泊

Hotel L'Antico Pozzo
Via San Matteo 87
53037 San Gimignano

費用(単位:ユーロ)

サン・ミニアートSA
ペットボトル等
4.1
サン・ミニアートSA
エスプレッソ
0.95
ristorante Duomo 27.02
ピサの斜塔見学×2 30
SALZA
ジェラード
2
CASCINA SA
エスプレッソ×2
1.6
サン・ジミニャーノ
2日間駐車券
28
Il Castello 60
Hotel L'Antico Pozzo 180

地図&情報サイト

ピサ
普通に検索した中で、駐車場の位置がよくわかるサイト

サン・ジミニャーノ
お世話になったホテルのサイトにある地図だが、なかなか便利