サン・ジミニャーノ

お一人様の楽しみ?

今日も夫は私より早く起き、散歩に出かける。まだ観光客がいない時間だ。ワクワクして寝ていられない?それとも年のせいで早起きになった?

私はというと、薄日の差す部屋でもう一眠り。といっても横たわっているだけ。やっぱりワクワクして寝れないのだ。外は時折車の音が聞こえる。配達?清掃?ゴミの収集?世界遺産の町だけに、観光客を歓迎する準備が進む。

夫は30分ほどで帰ってきた。カメラの調子が悪かったらしく、不満を口にしながら部屋に入ってきたが、表情は満足気(^^)

Hotel L'Antico Pozzoの朝食

お腹もぺこぺこ、レストランへ。このホテルの朝食レストランは、私達の部屋のすぐ隣、ここでも一番乗りを勝ちとる(自慢?)。誰も手をつけていない皿から料理を取るのは、まるで新雪へ足を踏み入れた時の感動と同じだ(笑)。

トースト、クロワッサン、ハム、チーズ、ヨーグルト、フルーツ等、一通りいただく。飲み物は・・・、今日から朝は、カプチーノと決めていた。昨日の朝食時、周りの人達がカプチーノを美味しそうに飲んでいて、妙に羨ましくなったから。コーヒーも良いが、カプチーノもなかなか気に入った。なんで今まで飲まなかったのか、自分でも不思議。

サン・ジミニャーノのドゥオモ(参事会教会)

サン・ジミニャーノ サン・マッテオ通り

ふたりで散策

夫が景色の良い場所があるというので、ドライブ前にサン・ジミニャーノ散策。サン・マッテオ通りを南下し、ドゥオモ広場経由でチステルナ広場へ。チステルナとは、井戸のこと、名前の通り広場中央に井戸があった。周囲は中世の塔や建物に囲まれている。

続いて城壁へ。夫の言うとおり、ここからの眺めは、気持ちいぃ〜。朝日を浴びて輝いている。サン・ジミニャーノが、丘陵地帯のなかに、ポツンと存在していることも良くわかる。

ここで引き返し、城壁外の駐車場へ向かう。まだ観光には早いせいか、駐車場は空きが目立つ。帰って来た時も空いてますように、と祈ってしまう。なぜなら、今日はメーデー、何かが起きそう・・・。通りにも、なにやらイベントらしきポスターも貼ってあったし。。。

サン・ジミニャーノ チステルナ広場 サン・ジミニャーノ サン・ジミニャーノ駐車場

ヴォルテッラへ

丘陵地帯を走る

駐車場の精算機は、ホテルで聞いた通りに、入庫時に取ったチケットと昨日購入した2日間駐車券を挿入する。出口のバーが開くとともに、2日間駐車券だけ戻ってくるので、それを忘れずに取り、出発だ。

今日の1つ目の目的地はヴォルテッラ(Volterra)。SP47を南下し、SS68を西へ。基本的には「Volterra」の標識を見ながら走れば問題ない。

のんびりした雰囲気の丘陵地帯を走り抜けると、あっという間に到着。

SS68でヴォルテッラへ

駐車場 有料?無料?

夫は最初に見つけた駐車場に停めようとしたが、地図を見る限り中心から少し離れてそう。そのまま車を進めると、エトルリア門付近でやや混雑、大型バスも見かけた。

結局、町の北西辺りの道路沿いの小さな駐車場に停めた。すぐに昨日の記憶(駐禁)がよみがえり、駐車券の券売機を探す。が、ない。しかもブルーライン、でもない。念には念をと、他の車のフロントガラスをチェックする。イタリアでは、駐車券を助手席の前辺りに置くからだ。これも、ない。ここは無料だと確信、いえ、ちょっと不安も(苦笑)。

ヴォルテッラ駐車場

ヴォルテッラ Volterra

高台の町ヴォルテッラ 

階段を上り城壁内へ入る。さらに石畳の道を上っていくとプリオーリ広場に出た。もっと閑散としていると思っていたが、意外に人が多い(言い過ぎか)。広場のインフォメーションで地図を頂く。スタッフが話しかけてくる。どこから来たのか?何に興味があるのか?とても熱心だ。きっと観光に力を入れているのだろう。

あまり調べずに来たので、ここで見たいところといえば、崩壊し続けているバルツェ(崖)だけだったが、せっかくなので中世の町を散策。特産のアラバスター石の加工品を売る店が多いが、これはあまり興味をそそらなかった。

朝カプチーノしか飲んでいないせいか、無性にコーヒーが飲みたくなる。で、プリオーリ広場の一角にあるカフェで休憩、ちょっとだけお腹も満たす♪

元気がでたところで、エルトリア門へ。駐禁の取締りのため女性警官がいる。バイカーが注意されているが、何だか嬉しそう。

この辺りでは誰もが立ち止まって写真を撮っている。それもそのはず、眺めが素晴らしい。サン・ジミニャーノ以上に小さな町だが、標高はヴォルテッラの方が高そう。

バルツェへ

車か徒歩かで迷ったが、私達は徒歩で行くことに。プリオーリ広場から西へ進みサン・フランチェスコ門を出て、サン・ステファーノ通り(Borgo S. Stefano)、サン・ジュスト通り(Borgo S. Giusto )をひたすら歩く。中世の町から出てきたせいか、普通の住宅街がなぜか新鮮。

Ss. ジュスト・エ・クレメンテ教会がいきなり現れビックリする。なかなか立派な教会だ。緑の絨毯と青い空がより一層美しさを引き立てている。

高台の街ボルテッラ エルトリア門付近から撮影 高台の街ボルテッラ エルトリア門付近から撮影 バルツェ付近のSs. ジュスト・エ・クレメンテ教会

バルツェ

教会を過ぎると間もなくバルツェに到着。無料駐車場があるせいか、車で来る人が多いようだ。

自然崩壊が進むバルツェは、ここ以外のトスカーナの景色とは真逆のもの、自然の脅威を感じる場所だ。

バルツェから駐車場に戻る。いよいよ緊張の瞬間だ。二人でそっとフロントガラスを見る。ない!ピンクの紙が

バルツェ

ランチ

安心したら、お腹が空いた。というこで、ヴォルテッラから、リストランテ探しの旅が始まる(また大袈裟に)。往路、既に夫はリサーチ済み、その中で営業が確認された1件に吸い込まれた。それにしても駐車場は満車。広い店内も満席。でも、別のレストランを探すのにも時間がかかることだし、まぁここで待ちましょう。

メニューは、

・昨夜のディナーに続き、アンティパスト・トスカーナ
・ヴォルテッラ風ミネストローネ
・ペンネ
・白ワイン・ネクター

それにしても混んでいる。イタリアにはゴールデンウイークなんてないが、メーデーの今日からは3連休の人も多いはず。飲み物はともかく、料理は40、50分待ってやっと出てきた。

私が注文したヴォルテッラ風ミネストローネは、日本で食べるものと随分異なる。こちらの方が家庭的な感じで、イタリア語で「具沢山のスープ」の意味の通り、何でも入れちゃえって感じ。スープというより雑炊だ。混雑振りから想像できるが、味もなかなか。この場所だから美味しいのかな?

 

コッレ・ディ・ヴァル・デルザ Colle di Val d'Elsa

ここからコッレ・ディ・ヴァル・デルザまでは、SS66を東へ一直線。暫く走ると、「Colle di Val d'Elsa」の標識が見えてくる。

駐車場はPc(コッレ・ディ・ヴァル・デルザのWhere to parkページの地図参照)に停めた。この町は高台のアルタAltaとバッサBassaに分かれていて、アルタ側にあるPa、Pb、Pcの駐車場は、すぐに見つかると思うが、バッサ側は分かりにくいように感じた。

アルタの東の端にはエレベーターがあり、容易にバッサへ行き来できるようになっていた。

駐車場の階段を上り、アルタへ向かう。いきなり古い大きな門がある。門だと思っていたが、後で確認したらパラッツォだった。その先の景色の開けたところにカフェを見つける。もちろんここで一杯。風が心地よく、のんびりした空間だ。

残念なのは、メーデーのためか、お店のほとんどが休業。ここはイタリア屈指のクリスタルガラスの産地というのに、とほほ・・・。

コッレ・ディ・ヴァル・デルザ Palazzo Campana

コッレ・ディ・ヴァル・デルザ

サン・ジミニャーノ San Gimignano

渋滞

サン・ジミニャーノに戻る。コッレ・ディ・ヴァル・デルザからは近い。あっという間にサン・ジミニャーノ付近までは来たものの、朝の不安的中!渋滞だ。多くの車が路肩に路駐、長閑な丘陵地帯に似つかわしくない光景。やっと町の位置口まで着いたと思ったら、道路封鎖。宿泊客が駐車場に入れななんて、納得できないっ。近くの警備員に声をかけたら、難なく通してくれた。

参事会教会 Duomo Collegiata

日本よりずっと日が長いおかげか、いろいろな施設の営業時間が長い。参事会教会に着いた時は、5時半ごろだったが、問題なく見学できた。切符は何種類かあるようだが、basilica(教会のみ)チケットを購入。

既に遊び疲れていたが、教会という空間が疲れを癒してくれる。フレスコ画を見ていると、呼吸が落ち着く。今日これまでを反省し?これからの楽しい時間を願う。

もう一頑張りしましょっ!ショッピング三昧

ドライブ旅行するようになって、大きく旅のスタイルが変わった。それはショッピング!荷物を持って歩かなくてもいいので、気軽に買ってしまう。しかも今回は、夫婦共々スーツケースの半分は空っぽ、梱包材持参と用意周到だ(持参したものは、Othersのページで紹介予定)。

サン・ジミニャーノは小さな町なので、お店の数は多くはないが、内容は充実している。

・ワイン
・食材(ハム、チーズ、オリーブオイル、バルサミコ酢・・・)
・革製品
・ワイシャツ
・陶器
・絵画

  :

しかもお手ごろ価格。ワインは数百円から売られていた。私達は、下の写真以外にも、革のジャケットにリュックにベルト、ワイン、カントゥッチ(ビスコッティとも呼ばれる、硬〜いビスケット)、パンフォルテ(硬めのケーキ)、ワイシャツを購入♪ワイシャツは、箱入りで高級感たっぷり。

木製(オリーブ)キッチンツールとピノキオの絵(額付き) 乾燥ポルチーニ茸 エクストラバージンオリーブオイル

ディナー

今日は遅めにボリューム満点のランチを食べてしまったため、あまりお腹が空かない。ぶらついた結果、ホテル近くのカジュアルなお店La Griglia に決定。

メニューは、

・スパゲッティー・アル・ポモドーロ(トマトパスタ)
・キノコのピザ
・ミックスサラダ
・スプレムータ・ディ・アランチャ(オレンジジュース)
・白ワイン
・エスプレッソ×2

イタリア語でジュースの種類(たぶん)を聞かれ、「アランチャ」と答えたら、この人達イタリア語話せるんだぁ的な視線。ちょっと図に乗る。帰る時も「アリヴェデルチ」と言って店を後にした(笑)。

ジェラッテリア di Piazza

お腹を適度に満たし、適度にアルコールのはいった私達は、ホテルに戻らず町を練り歩く。そして、チステルナ広場の一角にあるジェラッテリア「di Piazza」に、夫は吸い込まれる。ここは有名人が多く訪れるようで、店内には所狭しと来訪者の写真が貼ってある。あっ、ひょっとして・・・、ディナーでデザートを食べなかったのはここに来るため?

私達は、ジェラードを1つ買う。そして広場中央の階段で、二人で食べる。buono!

サン・ジミニャーノ

Data

行程

08:50 散歩
09:20 駐車場出発
10:10
12:45
ヴォルテッラ
13:00
14:20
ランチ
del Grillo s.r.l.
15:00
16:05
コッレ・ディ・ヴァル・デルザ
16:45 サン・ジミニャーノ
駐車場到着
17:20 ショッピング開始
18:30 ホテルに戻る
20:10 ディナー
21:50 ホテル到着

天候

気温

未確認(最高25度位)

食事

カフェ:

BAR PRIORI SRL
P. zza dei Priori,
Volterra

昼食:

OSTERIA del Grillo
SS68沿い, Volterra

カフェ:

SAPIA MAS
V.DEL CASTELLO 14B,
COLLE VAL D'ELSA

夕食:

La Griglia
Via S. Matteo,
San Gimignano

ジェラッテリア:

di Piazza
Piazza della Cisterna 4,
San Gimignano

宿泊

Hotel L'Antico Pozzo
Via San Matteo 87
53037 San Gimignano

費用(単位:ユーロ)

ヴォルテッラ
エスプレッソ×2、ケーキ
5
ヴォルテッラ・ランチ
del Grillo
34
コッレ・ディ・ヴァル・デルザ 
カフェ・アメリカーナ×2
4
サン・ジミニャーノ
La Griglea
40
ジェラッテリア
di Piazza
2.2
参事会教会
見学料(basilica)×2
7
ワイシャツ 28
ピノキオの絵(額付)
サイズ大
32
ピノキオの絵(額付)
サイズ小
17.5
革製品合計
(リュック、 ベルト、ジャケット)
152.1
白ワイン 7.5
乾燥ポルチーニ茸×2 9
エクストラ・バージン・オリーブオイル×2 6.6
乾燥ポルチーニ茸×2 9
パンフォルテ(小)×2 7
Hotel L'Antico Pozzo 180

地図&情報サイト

ヴォルテッラ
インフォメーションにある地図に載っていたサイト
地図は見つからなかったが、ホテル選びには便利。

コッレ・ディ・ヴァル・デルザ

超お勧めサイト!駐車場の位置も分かり易いし、トスカーナの特産品(ワイン、チーズ、ドルチェ等)のページも参考になる。

サン・ジミニャーノ
お世話になったホテルのサイトにある地図だが、なかなか便利