サン・ジミニャーノ

ドゥオモ広場の朝市

部屋にあるインフォメーションを見て、今日は、ドゥオモ広場で、朝市が立つ日だと気付く。急に体がシャキッとし出かける。

行ってみると、こじんまり朝市だ。美味しそうな野菜、果物、魚に、ハム、チーズ。特に目を引いたのは、豚さんの丸焼き。。。

ロッカ(城砦)

ドゥオモ広場のすぐ西側にある、ロッカへ。ここからは、塔の町サン・ジミニャーノの風景を、間近で見ることができる。驚いたことに、私達以外は誰もいない。サン・ジミニャーノを独り占めした気分♪

再びドゥオモ広場へ戻り、恒例の広場カフェタイム。カフェ・アメリカーナを注文し、オープンカフェで、の〜んびり、サン・ジミニャーノ最後の一時を過ごした。

グラーツエ!サン・ジミニャーノ

荷作りを終え、暫しの間休んでから部屋を出る。

このホテル、この町に感謝を込めて、イタリア国旗色の折鶴を机に残した。これは、ここ数年の私の習慣だ。中学時代、大好きな数学の先生が顧問だったこともあり、折紙クラブに入っていた。そのせいか時々折りたくなり、機内でも折っていたのだ。

チェックアウトを済まし、夫は車を取りに行った。待っている間に、私はロビーの寄書帳にコメントを書く。"I enjoyed San Gimignano!"夫ならもっと格好良く書いてくれたかもしれないが、私には、これがいっぱいいっぱい。でも気持ちが伝わったら嬉しい(^^)

塔の町サン・ジミニャーノ ロッカからの風景

塔の町サン・ジミニャーノ

グラーツエ!

コッレ・ディ・ヴァル・デルザ Colle di Val d'Elsa

再び・・・

昨日はメーデーだったため、ガラス製品を見ることができず残念に思った夫は、再びコッレ・ディ・ヴァル・デルザに立ち寄る。駐車場はヌオーヴァ門近くのPa(コッレ・ディ・ヴァル・デルザのWhere to parkページの地図参照)に停めた。

割ってる?

カステッロ通りを歩き、昨日のカフェ辺りに到着。さっそく昨日チェックした店に入る。広い店内には多くの商品があった。基本的に、この町のガラス製品はお手頃価格。旅行中なので、持ち帰れるサイズから選んだところ、写真のようなグラスになった。

お店のお爺さんは、私達が選んだ商品を包むかと思いきや、鼻歌交じりでテーブルにカチンとぶつけている。えっ割ってるの?いえいえ、どうやら製品チェックらしい。

帰国後箱から出し、お爺さんを思い出しながらグラスを指で弾くと、チ〜ン、とても涼しげな音がした。

コッレ・ディ・ヴァル・デルザ ヌオーヴァ門

コッレ・ディ・ヴァル・デルザ グラス購入

サン・ガルガーノへ

サン・ガルガーノへ

駐車場から、バッサを抜け、Via del Milleに入る。そこからグロセットGrosseto方面を目指す。何となく、町中を通ってしまったが、工事中で、しかも特に素敵、というわけでもないので、町中を避ける方が早そうだ。具体的には、Via Tolosani → Strada delle Lellere → Via del Mille の順に走る方が良い。

その後は、SP541 → SS73 → SS441→ SP58 を走ると、サン・ガルガーノに到着。途中からは、標識がある。

サン・ガルガーノ San Galgano

サン・ガルガーノ到着

インターネットでトスカーナの旅行記を読んでいた時から絶対行きたい!と思っていた。しかも車でこそ行ける場所。待ち遠しいう気持ちのせいか、ここまで思ったよりも時間がかかった気がした。

駐車場はなんと満車!聖堂跡しかないにもかかわらず、多くの人が訪れる場所のようだ。グルングルン回った結果、仕方なく、他の車に倣い、無理やり空きスペース(駐車スペースではない)に停める。

駐車場から聖堂跡に向かう道すがら、緑の絨毯の中にポツンと建つ聖堂跡がいきなり見えた。廃墟といえば廃墟なのだが、とても惹きつけられる。

アウト・ドア・ランチ♪

空腹になると落ち着きを失う私は、見学前にランチをとることに。お店はというと、BARが1件あるだけ。昼時で込み合っているので、私がお手洗い担当、夫は注文担当と役割を分担(笑)。

今日のランチは、トマトのブルスケッタとラザニア等。天気も良いと、屋外で食べるランチは美味しい。お弁当を持ってくる人も多いようだ。

サン・ガルガーノ 駐車場

サン・ガルガーノ ランチ

憧れのサン・ガルガーノ聖堂跡

食後は、憧れの聖堂へ。近くで見ると意外に大きい。そして、いよいよ中へ。

・・・、上手く言葉で表現できないが、すごく引き込まれる。不思議な気持ちになる。懐かしい・・・気もする。かつて、ポンペイの遺跡で感じたものと同じような・・・。「夏草や 兵どのが 夢の跡」の句を思い出す。戦場ではないだろうが。

聖堂跡だけのために、ここまで来たが、本当に来た甲斐があった。

 

サン・ガルガーノ 聖堂跡

サン・ガルガーノ 聖堂跡

シエナへ

SP58 → SS441 → SS73 と走り、シエナへ向かう。この辺りで一番大きな都市だけに、標識があちこちにある。 順調にシエナに着いた喜びもつかの間、いったいここはどこ?シエナをなめていた。

シエナはこの辺りの中心都市、道路だらけで昨日までのサン・ジミニャーノとは別世界。私達は完全にオノボリサン状態。ミシュランサイトで検索した地図は持っていたが、その通りのルートを走ってこなかったので、当てにはならない。ぐるんぐるん回ったが分からない・・・。

夫がホテルから遠くても良いから、目印になるような場所に行こうと決める。その結果、標識を見ながら、スタジアムを目指す。

スタジアム付近の公園(裁判所前辺り)で車を停めた。夫が懸命に手持ちのシエナの地図を見る。私も少しは役に立とうと、外を歩いてみる。近くにエクセルシオールホテルがあった。中に入り、迷ったことを話し、現在地を教えていただく。

がんばりました!意気揚々と(まだ着いてないのに)車に戻ると、夫も現在地を把握していた(涙)。

ここからPorta Camolliaに行き、Via Don Giovanni Minzoni → Giuseppe Mazzini → (フィレンツェ駅東のランダバウト経由) → Viale Sardegna → Viale Pietro Toselli → Via Chiantigiana → Strada di Scacciapensieri と辿り、ようやく HOTEL VILLA SCACCIAPENSIERI に到着。 フラフラの夫が、頼もしく見えた。

シエナ Siena

HOTEL VILLA SCACCIAPENSIERI

チェックインを済まし、部屋へ案内される。ワクワクする。予約した部屋はメゾネット型で、2階が寝室・・・、のはず・・・。が、2階がない!

案内のスタッフが、「景色が素晴らしいねぇ〜♪」とか、いろいろ説明している間も、落ち着かない私。夫にコソコソと「この部屋違うぅ」と涙目。夫は嫌々スタッフに話したところ、困惑した様子でフロントに電話をかける。

結局、予約した部屋は、上り下りが大変であろうと、好意で部屋をグレードアップしてくれたとか。一瞬「アリガタ迷惑」の文字が頭をよぎったが、夫の「黙れ」視線に押され諦める。

この部屋の方が景色も良いのだが、メゾネット型にも憧れるなぁ〜(童心に返る?)

とは言いつつ、この部屋も素敵♪窓からの眺めも美しい。

シエナ ホテル

シエナ 部屋からの眺め

サン・フランチェスコ教会前の駐車場

部屋でちょっとだけ休んだら、夫は元気になったようだ。シエナ観光に出かけたいと言う。すぐに車に乗り込み出発。

さっき、ぐるんぐるん回ったおかげで、迷わず城壁まで辿り着く。問題は駐車場だ。勢いで門を潜ってしまったが、すぐに駐車場の標識を見つけ、行ってみると、サン・フランチェスコ教会前広場の駐車場に出た。15台ほどしか停められない小さな駐車場だったが(地図上には記載なし)、なぜか空いていたので停める。こんなに上手くいって後が心配(^_^;)

せっかくなので、サン・フランチェスコ教会を見学。ひんやりした空気と厳かな雰囲気、とても落ち着く。

が、外に出ると、空が黒い、かなり雲行きが怪しい。。。

シエナ サン・フランチェスコ教会

避難!大雨のカンポ広場

シエナで一番行きたかった場所、それはカンポ広場。天気が心配だが、とりあえず行くことに。歩いている途中で、既にポツポツ降り始めた。カンポ広場では、まず恒例の「広場でカッフェ〜しましょ」とバールへ。

ところが、そんな呑気でいられる状態ではなかった。間もなく雷とともに豪雨になる。オープンカフェのパラソルの端から雨がなだれ込む。皆バタバタと席を移動する。そして店内に避難する人も。

シエナ 大雨のカンポ広場

避難!その2 ドゥオモ

小康状態になったところで、ドゥオモへ向かう。こんな日なのに人通りが多い。ドゥオモへ到着し、「おぉ」と短い感動はあったものの、濡れてしまうので、とりあえず建物内へ小走りで入る。

入口でゴソゴソスタッフが動いていると思ったら、クローズされた。私達の次の人が本日最後の入場者となった。

シエナ ドゥオモ シエナ ドゥオモのフレスコ画

閉まるのこんなに早かったけ?とブツブツ言いながら、ドゥオモ内に入る。と、いきなり白黒の柱や壁面が目に飛び込んでくる。美しい・・・。見とれていたら、意外に周囲が下を向いている。なんと、床までもが美しい!歩いていいのか?と思っていると、やはり保護されているところもあった。

ディナー

ドゥオモからは、催促されて出る。外はすっかり雨も上がり、明るくなっていた。シエナ散策、と歩き出したが、寒い・・・、しかもお腹が空いた。

夫は嫌がったがディナーしよう!最初に気に入ったお店は、営業開始は20時から、残念。やっぱり素敵なお店は早くから営業していない。

結局選ぶ余地はあまりなく、バンキ・ディ・ソプラ通りにある、ややカジュアルなお店に決めた。

シエナ 20時半頃の部屋からの眺め

メニューは、お勧めを中心に、前菜、パスタ、メイン、サラダを選んだ。私は、なんと魚にチャレンジ。この日のお勧めなので注文したが、身がしまってなく、不味くはないが、美味しいとまでは言えなかった。

さらに、デザートを注文、これが甘いっ、甘すぎるっ!デザートがなければ、まずまずのディナーだったのに、ちょっと残念。

暮れそうで暮れない

食後は結構元気になり、少々散策してから帰る。ホテルに戻ったのは20時半近くというのに、まだ夕暮れが続いている感じ。窓から見える夕焼けが美しい。夫は写真を撮り終わったら、寝ていた・・・Zzz。

サン・ガルガーノ聖堂跡

Data

行程

08:40 散歩(朝市)
09:15 ドゥオモ広場カフェ
09:40
10:25
ホテル
10:45
11:28
コッレ・ディ・ヴァル・デルザ
12:10
13:53
サン・ガルガーノ
15:35 シエナ・ホテル到着
16:20 ホテル出発
16:30 サン・フランチェスコ教会前の駐車場到着
16:50 カンポ広場カフェ
17:30
18:15
ドゥオモ
18:45 ディナー
20:25 ホテル到着

天候

サン・ジミニャーノ:晴
サン・ガルガーノ:晴
シエナ:曇のち大雨

気温

未確認(最高25度位)
シエナは大雨で寒かった

食事

カフェ:

店名不明
ドゥオモ広場 ,
San Gimignano

昼食:

Prodotti Tipici Toscani
San Galgano

カフェ:

Bar Fonte Gaia
Il Campo 21-23, Siena

夕食:

店名不明
,
Siena

宿泊

HOTEL VILLA SCACCIAPENSIERI
Strada di Scacciapensieri 10
53100 Siena

費用(単位:ユーロ)

サン・ジミニャーノ
カフェ
4
サン・ガルガーノ
ランチ
12.9
シエナ
カフェ
5
シエナ
ディナー
73
コッレ・ディ・ヴァル・デルザ
グラス×2
16
ドゥオモ
見学料×2
6
HOTEL VILLA SCACCIAPENSIERI 195

地図&情報サイト

サン・ジミニャーノ
お世話になったホテルのサイトにある地図だが、なかなか便利

コッレ・ディ・ヴァル・デルザ
超お勧めサイト!駐車場の位置も分かり易いし、トスカーナの特産品(ワイン、チーズ、ドルチェ等)のページも参考になる。

サン・ガルガーノ
写真も素敵。必見!

シエナ
日本語版もあり。