HOTEL VILLA SCACCIAPENSIERI の朝

朝食は Scacciapensieri breakfast

ホテル予約の確認メールで、Scacciapensieri breakfast という言葉を知った。Scacciapensieriは、このホテルの名前にも使われている、ホテル前の通りの名だ。どうやらこのホテル独自のサービスらしい。

レストランへ行き、席につく。スタッフが、飲み物を注文をとりにやって来る。続いて、美味しそうなもの盛り沢山の大きなワゴンが目の前に現れる。食べたいものをスタッフに言えば、全て取り分けてくれるのだ。なんて楽チンな!ブッフェ形式が好きな人には、受けが悪いかもしれないが、私はつくづく取りに行くのが面倒だと思っていたので、ありがたい。それに、人がバタバタ歩くこともなく、落ち着いた雰囲気の中で食事を楽しめる。

素敵なHOTEL VILLA SCACCIAPENSIERI

食後、ホテルの庭園を散歩する。朝日を浴びて、より一層美しく見える。テラスからは、爽やかなキャンティーの丘も見える。もっと暖かくなったら、テラスで朝食を取ったりするのだろうか・・・、などと素敵な妄想を繰り広げ、満腹状態に拍車を掛ける。

滞在した部屋の入口 庭園 庭園

コルトーナへ

快調!

昨夜の豪雨が嘘のような快晴、ドライブ日和だ。意気揚々と出発する。まずは、Strada di Scacciapensieri → Via Chiantigiana → Viale Pietro Toselliを東へ進む。次に、SS73(E78)に入り、アレッツォAREZZO方面へ。

途中からは、コルトーナCORTONAの標識があるので、それを頼りに走る。

給油

CASTELNUOVOのサービスエリアで、トスカーナ初めての給油、といっても毎年ヨーロッパに来ているので、随分慣れた。レンタカーを借りるときに確認しておいた「SENZA PIOMBO」 を入れる。料金は右の写真の通り、ユーロが下がったおかげで、日本とあまり差はない感じ。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンド

コルトーナ Cortona

満車?

コルトーナは高台の町、近くまでくると、走りながらでも見える。もちろん最後は、坂道を上へ上へと走る。が、今回もここからグルングン(聞き飽きた?)。上へ行くほど路肩に路駐、辿り着いたガリバルディ広場駐車場は満車。停められそうなスペースがあったが、女性警官から「ノー」と言われ退散。

それにしても何故混んでいる?不安を感じながら、今度は坂道を下る。この後、予想に反して簡単に駐車場が見つかり、そこからは、屋外エスカレーターで、ガリバルディ広場まで上がれるようになっていた。しかも無料!急がば回れって感じ(苦笑)。

コルトーナ 風景

レプッブリカ広場

ナツィオナーレ通りを西へ歩くと、レプッブリカ広場に到着。人だかりができていて、みんな拍手をしている。どうやら何かの表彰式が行われているようだ。珍しいので暫く見ていたが、家族や友人が表彰されているわけではないので飽きてきた、よって移動。

サン・フランチェスコ教会

石畳を上っていくと、サン・フランチェスコ教会が見えた。ガイドブックには、象牙細工「聖十字」があるとか、コルトーナ出身の画家の「受胎告知」があるとか書いてあるが、私が興味をもったのは、ステンドグラス。今まで見てきたものとは全く異なり、とてもシンプルで、爽やかな色使い。教会が身近なものに感じられた。

レプッブリカ広場の式典 サン・フランチェスコ教会 サン・フランチェスコ教会のステンドグラス

 

聖マルゲリータの墓所

さらに上へと歩き、聖マルゲリータの墓所に到着。高台のコルトーナのなかでも、最も高い場所かもしれない。景色を見ながら、ミネラルウォーターで喉を潤す。遠くにトラズィメーノ湖が見える。もう少し時間があったら、湖にも行ってみたかったなぁ。ドライブ旅行だからといって走り詰めもどうかと思い、今回は断念。

ところで今日は何の日?数台の観光バスからワラワラと親子ずれが下りてくる。レプッブリカ広場の式典とは関係ないだろうが、いったい何?社会見学?

石畳の坂道

レプッブリカ広場に戻るため、今度は坂道を下る。実は今日、トスカーナ旅行で初めてパンプスを履いている。毎日履いていた革のスニーカーに飽きたのだ。

履きなれたものを持ってきたが、やはり中世の石畳のを歩くには、ちょっと大変。

ショッピング

レプッブリカ広場に戻ると式典は終わっていたが、まだ余韻が残っている。周囲のオメデタイ雰囲気に絆され、ウィンドウショッピング開始。というより、買ってしまった(笑)。

ここではワインは我慢し(午後はモンテプルチャーノやモンタルチーノが待っているし)、写真のような美しいノートや色鉛筆を購入。使うというより飾っておきたい。このような上品な紙製品は、トスカーナにきてから度々目にする。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ・アル・カルチナイオ教会

コルトーナの町へ上る途中で見かけた、長〜い名前の教会。ガイドブックに名人作のステンドグラスがあると書いてあったので、ついでに寄ってみた。

どこが駐車場かわからず、路肩にあった駐停車帯に停めた。そこから砂利道を上り教会まで行ったが、なんとクローズ(涙)、仕方なく引き返す。

車に戻る途中「Can you speak English?」と声をかけられる。私達と同じことを考え、同じ場所に駐車していたオランダ人から、教会に入れるかどうか尋ねられたのだ。もちろん答えはノー。こうして残念仲間が増え、一緒に車に戻る。

コルトーナ 聖マルゲリータの墓所

コルトーナ 衛兵の帽子に興味津々

コルトーナ お土産

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ・アル・カルチナイオ教会

モンテプルチャーノへ

白バイ?

モンテプルチャーノへは、コルトーナの麓にある町カムーチャ(Camucia)を通り過ぎ、SP32に入る予定だった。まだモンテプルチャーノの標識が現れないので、適当に走っていたら、カムーチャ駅と思われる駅前ロータリーに入ってしまい、Uターン。その後、Monsiglioloに向かう道に入っていた。どうやら遠回り、路肩に車を止めルートを確認することにする。

すると、後からスルスルーッとバイクが寄ってきて、私達の車に横付け。まっまさか白バイ?悲しいことに条件反射でそう思ってしまう、女性と二人乗りなのに・・・(^_^;)。男性の方が声をかけてくるので、夫が窓を開けると、アウトストラーダまでの距離を尋ねてきた。それにしても立て続けに質問されるなんて、びっくり(@。@)

再度カムーチャへ向かう。さっき間違えた分岐まで来てみると、ちゃんと「Montepulciano」の標識があるではないか、あはは(^_^;) ここから標識通りに走った。ミシュランサイトによると、SP32 → SP10 → SP68 → SP10 → SS326 → SP17 のルートで走ったようだ。

モンテプルチャーノMontepulciano

毎度の駐車場探し

北側からモンテプルチャーノに入る。すぐに見えてきたDon Minzoni広場の駐車場は満車。地図に載っている駐車場も含め、北東エリアの駐車場を3つほど行ってみたが、満車か、ちょっと不安な場所。

再度Don Minzoni広場に戻ると、路肩の駐車場が1つ空いていた!夫の注意力は素晴らしい!ちょっと見ただけでは気付かないからだ。トスカーナにきてから良くあることだが、みんな好き勝手に駐車ラインを無視して停めるので、隣の車がはみ出していて、注意深く見ないと空いているかどうか気付かない。

そしてここは鬼門のブルーライン。さっそく周りを見渡すと、あった!駐車料金精算機が。早速、3時間分のチケットを購入して、助手席前に置く。

モンテプルチャーノ 駐車場

ランチ

プラート門をくぐり、ネル・コルソ通りを歩く。既に1時半をまわっている。私は空腹で歩く元気がない。夫は仕方なく、すぐにお店に入ってくれた。

メニューは、お決まりのトスカーナ風前菜盛り合わせ(←大好き^_^♪何度も注文しているが飽きない)に白ワイン。他にも多少注文してしまったが不要だった。決して小食でない私でも量は十分。一度に注文しなきゃいけないなんてルールはないのに、ついつい注文し過ぎてしまう。。。

内容的には満足したが、席で失敗。モンテプルチャーノも高台の町なので、日陰屋外は涼しい。風もあったせいか、食べいるうちに体が冷えてしまった。。。

モンテプルチャーノ ネル・コルソ通り

グランデ広場

ネル・コルソ通りは、両脇にお店が立ち並びなかなか楽しい。とりあえず、先へ先へと歩く。ドゥオモや市庁舎のあるグランデ広場は、かなり高台。食後ず〜っと歩いたので、広場でカフェしましょ♪雨の多い日本からやってくると、どこでもオープンカフェ、は本当に羨ましい。

楽し過ぎる♪ショッピング

さぁ〜、ここからドライブ旅行の本領発揮?今度は坂道を下りながら、あっちのお店へフラフラ〜、こっちのお店へフラフラ〜。まずは、モンテプルチャーノといえば、ワイン。エノテカがそこらじゅうにあるので迷ったが、ポリツィアーノの生家近くにエノテカに入る。店内には大〜きな樽が並んでいた。

二人の女性が、ノートパソコンの画面を夢中で覗き込んでいる。どうやら映画のDVDでも見ているらしい。客が来たので仕方なく仕事を始める(試飲を勧める)。なんだこの二人!とは思ったが、ワインは購入。もちろんヴィノ・ノヴィレ・ディ・モンテプルチャーノも。私達が店を出たとたん、彼女達はオフモードに戻り、映画に夢中。

ヴィノ・ノヴィレ・ディ・モンテプルチャーノ

次々お店は現れる。バルサミコ酢、エクストラ・ヴァージン・オリーブ・オイル、生ハム、チーズ、ハチミツ・・・、目移りしてしまう。革製品のお店も多く、旅行用のバッグを買ってこなかったことを後悔した。

一番右の写真は、オーナー自身がデザイナーであるシャツ専門店で購入。夫、大満足。他にも1点1点が木箱に入った革靴のお店も気になった。もっとも日本に持ち帰ることを思うと、ドライブ旅行でも手が出なかったが。

トスカーナらしい、ブドウ畑が広がる風景のなかに存在するモンテプルチャーノは、風景はもちろん、食べて、飲んで、買って良し。夫は、次は絶対ここに泊まる!と力説していた。

エクストラ・バージン・オリーブ・オイルとバルサミコ酢 猪サラミと生ハム ハチミツ シャツ

ピエンツァ Pienza

モンテプルチャーノからモンタルチーノへは、誰もが憧れるルート。あの世界遺産ピエンツァの町も通る。期待通りピエンツァ周辺は素晴らしい眺め。町自身は日曜日のせいか混雑している様子がうかがえた。

ピエンツァを過ぎたところで、撮影旅行っぽい団体を発見。思わず車を止め、デジカメを持って下りる。多くの三脚に囲まれ、私達も写真を取る。うっとり(*^。^*)

ピエンツァ付近の風景 ピエンツァ付近の風景

モンタルチーノ Montalcino

駐車場

こんなに簡単に見つかっていいのか?というくらい楽々発見。町の南側の道路沿いで、しかもガラガラ。モンテプルチャーノで既に経験済みなので、慣れた手つきで、駐車料金の精算をする。

プチ散策

モンタルチーノには、小さな町なので何とかなるだろう的にやって来た。資料がないに等しい状態なので、適当に歩く。

まずは時計台発見。その周辺では、多くの露店が出ている。キラッ、目が輝かせて覗くが、どこも購買意欲をそそらない(^_^;)。小声で、ガラクタ市?

さらに先へと歩き続け、幾つかの教会を見る。時間が遅いせいか閑散としている。日が傾き気温も下がってきたし、疲れてきたので、そろそろ帰ることにした。

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ

おっと、忘れてはいけない。せっかく立ち寄ったのだから、ワインを買わなきゃ。駐車場に戻る途中にあった店で、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ購入。生産地モンタルチーノでも安くはないが、日本では高額ワイン。今年のクリスマスに飲もうかな?

モンタルチーノ

モンタルチーノ

シエナへ

学習効果?

いよいよこのブドウ畑の風景ともお別れ。シエナに向けて出発する。ここからシエナへは、ただ標識を見ながら走れば良い。地図で確認すると、行程のほとんどはカッシア街道(SR2)だ。

カッシア街道は、普通の幹線道路で、風景を楽しむといった感じではないが、割と真っ直ぐで走りやすい。シエナに近付くにつれ、車が増える。

シエナ到着後は、今回もミシュランサイトの検索結果とは異なるルートを取った(変えたくて変えたわけじゃないが^_^;)。城壁の外側の道を反時計回りに走る。シエナは少々学習済みなので、さすがに昨日のような不安感はない。

シエナ Siena

シエナ駅

ミネラルウォーターを買うために、シエナ駅に寄る。というより、列車好きの夫は、駅が見たかったに違いない。

列車の本数は少なく、イタリア中部の移動は、レンタカーが一番だと実感した。でも時間に余裕があるなら、その不便な列車の旅にも憧れる。

シエナ駅

ディナー in HOTEL VILLA SCACCIAPENSIERI

今日のディナーは、ホテルのレストランに予約済み。メニューは、本日のお勧めの中から選んだ。

食前酒やワインは夫に任せたので、何を飲んだか忘れてしまった、あはは(^_^;)

前菜(アンティパスト)は、リンゴとペコリーノチーズのスライスの上に、ハチミツとコショウをかけたもの。なかなか美味しい。帰国したら、自分でも真似して作ってみよう、などと思いながらいただく。

第1皿の料理(プリモピアット)は、ショートパスタの入ったコンソメ(?)スープ。あっさりしている。この季節の夜は冷えるので、ホッとする。勧められるがままにお代わりしてしまった。ちなみに夫もペンネをお代わりしていた。

第2皿の料理(セコンドピアット)は、サルティンボッカにした。ローマの代表的な料理のようだが、「トスカーナ風」とか書いてあったような気がする。サルティンボッカが出されたときは、ちょっと困った。なんせ既に腹7分目状態、こんなに食べれるだろうか。さっきのお代わりをやや後悔。でも、味はBuono♪

付け合わせ(コントルノ)は、朝食のように、多くの種類がワゴンに載ってやってきて、スタッフに取り分けてもらう。少食の人なら、これだけでディナーになりそうだ。その位の量がある。

デザートは、これまたワゴンで運ばれてくる。お腹に余裕があれば、夢のような種類と量だ。トスカーナを代表するものも沢山ある。が、とても食べられない。。。泣く泣く、3種類のジェラードだけにした。

食後はラウンジへ行き、そこでエスプレッソを頂く。誰もいなくてちょっと寂しいが、木の温もりが感じられる、とても落ち着いた空間。

以上でディナー終了!もうお腹はパンパン。ここがホテルのレストランで良かった、本当に。夫は部屋に戻るなり寝てしまった・・・Zzz。

 Grazie!Toscana

Data

行程

09:15 ホテル出発
09:30
09:40
Castelnuovo B. GA
TAMOILで給油
10:50
12:15
コルトーナ駐車場
12:35 S.M.アル・カルチナイオ教会
13:30
16:05
モンテプルチャーノ駐車場
17:00
17:55
モンタルチーノ駐車場
18:55 ホテル到着

天候

コルトーナ:晴
モンテプルチャーノ:晴
モンタルチーノ:晴

シエナ:晴

気温

未確認(最高25度位)
高台の町ばかり訪ねたので涼しかった

食事

昼食:

Caffe' Wine bar
V. di Gracciano Nel Corso N.93, Montepulciano

カフェ:

Caffetteria del Duomo
Piazza Grande, Montepulciano

夕食:

Altri Tempi
HOTEL VILLA SCACCIAPENSIERI内

宿泊

HOTEL VILLA SCACCIAPENSIERI
Strada di Scacciapensieri 10
53100 Siena

費用(単位:ユーロ)

Castelnuovo B. GA
TAMOIL ガソリン
27.8リットル
30
Castelnuovo B. GA
ミネラルウォーター×2
1.8
コルトーナ
色鉛筆、ノート 等
51
モンテプルチャーノ
駐車料金2.5時間
2.5
モンテプルチャーノ
ランチ
26.5
モンテプルチャーノ
カフェ×2
3.8
モンテプルチャーノ
ワイン×3
26
モンテプルチャーノ
ハチミツ250g
5.5
モンテプルチャーノ
猪サラミ146g
2.63
モンテプルチャーノ
バルサミコ酢50gとエクストラ・バージン・オリーブ・オイル250gのセット
12
モンテプルチャーノ
生ハム256g
7.2
モンテプルチャーノ
シャツ
95
モンタルチーノ
駐車料金1.5時間
1.5
モンタルチーノ
ワイン
18
ディナー 135
HOTEL VILLA SCACCIAPENSIERI 195

地図&情報サイト

シエナ
日本語版もあり。

Enrico Crociani

夫お気に入りのメンズ・シャツのお店
2009/7/7現在、Webサイトは製作中でした

FATTORIA PULCINO
モンテプルチャーノで購入したバルサミコ酢、エクストラ・バージン・オリーブ・オイル、生ハムの生産農家のサイト。
摩訶不思議な顔のマーク(名は、Silenoらしい)が製品には付いている

モンテプルチャーノ
ジャパンイタリア・トラベルオンラインのページ

コルトーナ
ジャパンイタリア・トラベルオンラインのページ