道路状況と所要時間

出発地

到着地

時間帯

所要時間

道路状況

フィレンツェ(ヨーロッパカーNovoli営業所)

サン・ミニアート SA

午前

0:40

無料のFi-Pi-Li利用。Novoli営業所で道順を詳しく教えて頂いたおかげで、何の問題もなかったが、フィレンツェは都会なので、出発前に目的地までの道順は必ず聞いておくこと!

サン・ミニアート
SA

ピサ(駐車場)

午前

0:55

Fi-Pi-Li→アウレリア街道を走る。ピサ出口で多少渋滞。急ぎの方は、アウトストラーダの方が早そうです。

ピサ(駐車場)

Cascina SA

午後

0:30

往路の逆。特に問題なし。

Cascina SA

サン・ミニアート
(駐車場)

午後

0:20

往路の逆。特に問題なし。サン・ミニアートインターから標識に従って走る。

サン・ミニアート
(駐車場)

サン・ジミニャーノ(ホテル)

夕方

0:55

走り出した頃はやや不安だったが、予定通りSS429を走っていた。途中からはサン・ジミニャーノ方面への標識がある。

サン・ジミニャーノ(駐車場)

ヴォルテッラ
(駐車場)

午前

0:50

トスカーナらしい風景を見ながらのドライブ。快適そのもの!SP47を南下し、SS68を西へ。

ヴォルテッラ
(駐車場)

コッレ・ディ・ヴァル・デルザ(駐車場)

午後

0:55

SS66を東へ一直線。暫く走ると、「Colle di Val d'Elsa」の標識が見えてくる。

コッレ・ディ・ヴァル・デルザ(駐車場)

サン・ジミニャーノ(駐車場)

夕方

0:40

メーデーのイベントで、サン・ジミニャーノ付近で渋滞

サン・ジミニャーノ(ホテル)

コッレ・ディ・ヴァル・デルザ(駐車場)

午前

0:20

 

渋滞がないと、たった20分の距離。

コッレ・ディ・ヴァル・デルザ(駐車場)

サン・ガルガーノ(駐車場)

午前

0:40

町を抜けるのが、ちょっと分かりにくい。最初は、グロセットGrosseto方面を目指し、続いて、SP541 → SS73 → SS441→ SP58 の順に走る。途中からは、標識がある。

サン・ガルガーノ(駐車場)

シエナ(ホテル)

午後

1:40

1時間で着く予定が、シエナで迷ったため大幅に遅れた。中心地からは遠いが、ドライブ旅行に便利だと思い予約したホテルは、ガイドブックの地図の表示圏外にある。

にもかかわらず、ちゃんとした地図を購入していなかったことが大きな敗因。

シエナ(ホテル)

Castelnuovo B. GA SA

午前

0:15

SS73(E78)を、アレッツォAREZZO方面へ。途中からは、コルトーナCORTONAの標識があるので、それに従う。TAMOILで給油

Castelnuovo B. GA

コルトーナ
(駐車場)

午前

1:20

SS73(E78)を、アレッツォAREZZO方面へ。途中からは、コルトーナCORTONAの標識があるので、それに従う。コルトーナに着いてから、表彰式開催のため、駐車するのに多少手間取る。

コルトーナ
(駐車場)

モンテプルチャーノ(駐車場)

午後

1:00

コルトーナの麓にある町カムーチャ(Camucia)から、ミシュランサイトによると、SP32 → SP10 → SP68 → SP10 → SS326 → SP17 のルートで走ったようだ。駐車するのに、ここでも手間取る。

モンテプルチャーノ(駐車場)

モンタルチーノ
(駐車場)

夕方

0:55

ピエンツァを経由する、一押しのルート!

前半で多少迷ったりもしたが、困ったレベル=低。

モンタルチーノ
(駐車場)

シエナ(ホテル)

夕方

0:50

標識を見ながら走れば良い。行程のほとんどはカッシア街道(SR2)。シエナ中心部は渋滞しているところもあった。

シエナ(サン・フランチェスコ教会広場)

フィレンツェ(ホテル)

午前〜午後

2:00

1時間半もあれば着くだろうと思っていたが、フィレンツェは大都会。グルングルン回って、ようやく到着(詳しくは5/4のページ参照)。

注1)午前:9:00〜12:00 午後:12:00〜16:00 夕方:16:00〜19:00

注2)所要時間: 休憩時間除く、迷った時間と渋滞時間は含む。

ガソリン代と走行距離

給油回数 2回

ガソリン代合計 56ユーロ(1リットル=1.15ユーロ前後)

走行距離合計  698.3km

燃費 約14km/l

総費用

合計 370.31ユーロ(1ユーロを131円で計算すると、約48,510円)

(内訳)レンタカー代 276.31ユーロ ガソリン代 56ユーロ 罰金 38ユーロ

(注意1)レンタカーは4/30〜5/4(96時間)レンタルした。

(注意2)罰金は、サン・ミニアートの駐禁。

駐禁&駐車場

今回も「駐車のために並ぶ」とか「駐車場がない」という最悪の事態はなかった。まだバカンスでもないし当たり前か。が、その緊張感の無さがかえって裏目に出て、路駐で駐禁、あはは(^_^;)。

昨年のドイツ旅行で、ひょっとしてこれは駐禁?という事件があったが、結果的に違っていた。そもそも本物の違反切符(違反通告書)は、「これって駐禁とられたのかなぁ?」なんて疑問に思うことはない。言葉が分からなくても一目でわかる代物なのだ。

ちなみに、右写真はところどころボカシは入れたが、サン・ミニアートで頂戴した本物の違反切符(-_-;)
ちょうど用紙の左下に「38」と罰金が書いてあった。

今までの経験から、朝夕は取り締まりが多いようだ。たとえ短時間でも、どこに停めたらいいのか分からなくても、特に朝夕の交通量が多い時間帯の路駐は避けよう。

違反切符

今回利用した駐車料金精算機は右の写真のもの。

基本的にどこの駐車料金精算機も使い方は同じ。

現金で支払う場合、停めたい時間分の料金を入れて、緑のボタンを押せば、領収書が出てくる。

例)右写真の精算機は、「1時間1ユーロ」「30分0.5ユーロ」なので、2.5時間停めたいときは、2.5ユーロ入れる。

 

駐車料金精算機(駐車券売機)

駐車料金精算機の説明

購入した駐車券は、写真のように、助手席前に付いている紙製の時計(?)の隣に入れる。

使い方は簡単だが、小銭の用意を忘れずに!

時計もどきにも注意を!oraは時刻、arrivoは到着のこと。よって、駐車した場所に到着した時刻をセットする。30分毎にしか目盛りがないとは、いかにもイタリアらしい。

 

駐車券の置き方

道路地図

お勧めを見つけたら、このサイトでも紹介する予定。

今言えることは、全体の地図だけではなく、私達のように大きな町で運転する可能性のある場合は、各都市の詳細地図が必要だと思う。

お勧め お勧め情報 お勧め

このサイトを見た方から情報です。

商品:米国Garminが出してるnuvi205

サイズ:10cmx10cm位のポータブルタイプ、ドライブだけでなく、ガイドブックの代わりに持ち歩いても良い。

オプション:ヨーロッパ全体やアメリカのソフトもマイクロSDで売られおり、こちらもお勧め。新品は日本では\39,000と高額なので、ヤフオクがお勧め。

最近スペイン旅行で実際に使われた感想:

日本を出発する前に、ホテル等の行き先を全て入力しておくと便利、 Switch-Onと同時に案内開始!

イスラムの影響下の迷路の様な道も見事に解決!
歩きモード(一方通行とか関係無く最短距離検索可)も街歩きも最高のお伴!

「地球の歩き方」とGarminだけで事足りた!

取説が親切ではないが、Blogで沢山の解決方法が見つかった!

ドライブの注意点&感想

 

夫のドライブの注意点と感想 珍しく書いてくれた!(驚)

1.

オルチア渓谷地域は、昔ながらの街道と中世の風情が色濃く残っており、逆にそれが目標や目印をわかりやすくしており走りやすいです。当然イタリアらしい?!(笑)荒っぽい運転をする車や高速で抜かしていくバイクもいますが、路面状況や広さも問題なく快適でした。天気も良く変化しますが、晴れると世界が憧れる風景が広がります!

2.

その一方で、フィレンツェはもとよりシエナも”都会”で、周辺道路から目的地にスムーズにアクセスするには、ナビや下調べを十分にする必要があるかと思います。

3.

フィレンツェ、シエナ、ピサなどは有料になる場合もありますが、アウトストラーダなどの幹線道路を積極的に使った方がストレスは少なくなると思います。(私たちは帰りのフィレンツェへの帰路でちょっと失敗したので。 苦笑)

4.

地図も全然当てにならなかったり、逆にすべての道路を同じ感覚で載せているケースがあって、どれがお目当ての通りかわからないこともしばしば。事前の準備と目印の設定が必要かと思います。

5.

トスカーナに限らず、全世界共通ですが、郊外の生活道路や味気のないビジネス街、工場地帯は、目印や距離感、方角がつかみにくいので、ちょっと神経を使いました。

6.

ただそれらを差し引いても、例えばピサは遠くから斜塔が見えますし、そのほかの街もが教会の尖塔が見えたりして、これ以上ない目印になり走っていて楽しいです。

7.

シエナ、フィレンツェなど町中は都会らしい喧噪に包まれますが、晴れた日中で時間の余裕があれば、落ち着いたドライブができると思います。もっとも街の中心はとにかく人が多くて道が狭いので、近づかないのが賢明かと思います。

8.

もし迷ったら、城壁や教会、駐車場、”i”マークなどで立ち止まって現在位置を確かめると、”ああここか”と問題はいとも簡単に解決すると思います。

番外

今回は注意はしていたのですが、駐車禁止を頂戴しました。事故や怪我ではなくて笑ってすみましたが、現地のルールや規則を守るのは当然のことで、深く反省!!

が、万が一同じような目に遭われても慌てずに、粛々と処理をした方が良い思い出になります。今回もサン・ミニアートの街でご厄介になりましたが、警察詰め所を探して街を探検できたり、こんなことでもない限り入ることの無い役所を訪問できたり、今では笑い話みたいな感じです。

このようなことは無いに越したことはないですが、心と時間に余裕があれば旅の一こまです。

私の感想

トスカーナの旅で大反省すべきは、ミシュランのサイトに頼り過ぎて地図を購入しなかったこと。初めてドライブ旅行したシチリアでは、早々と地図を購入し、日々シチリアの地図を眺めたものだ。今回は、まったくもって初心を忘れてしまった!

シチリアのWebページ最後に、「地図を見る」、基本的なことだが、これはドライブを楽しくしてくれた。などと、偉そうに書き綴っていたのに・・・。

とはいえ、失敗は最良の教師であり、失敗は成功の元のはず。これで次回は完璧だ(笑)。

 

目的地一覧

1 コッレ・ディ・ヴァル・デルザ
Colle di Val d'Elsa
2 コルトーナ
Cortona
3 フィレンツェ
Firenze
4 モンタルチーノ
Montalcino
5 モンテプルチャーノ
Montepulciano
6 ピエンツァ周辺
Pienza
7 ピサ
Pisa
8 サン・ガルガーノ
San Galgano
9 サン・ジミニャーノ
San Gimignano
10 サン・ミニアート
San Miniato
11 シエナ
Siena
12 ヴォルテッラ
Volterra
トスカーナ 地図