旅行中の植物の水遣り

4月初めに、夫があるプロジェクト(そんな大袈裟なもの?)を発表した。

プロジェクト名:バルコニー緑化計画 〜今年の夏はエアコン要らず〜

鼻で笑ったのが気に障ったのか、結構真剣に取り組んでしまった。その結果、旅行中の水遣りをどうするかで大童。マンションのバルコニーでは、自動散水を勝手に設置するもの難しいので、ネットで検索した結果、次の4つを実施することにした。

受け皿

正確には、腰水というらしい。単に受け皿に水を張り、鉢底から水を吸わせる。受け皿が足りない時は、丈夫なビニル袋(レジ袋可)に水を入れ、その中に鉢を入れてもOK。

ペットボトル専用の給水キャップ

どこにでも売っていると思うが、先のとがった給水キャップを購入し、そのキャップの先の方に小さな穴を開け、水を入れたペットボトルにはめ、鉢に差し込むだけ。穴の開け方や、ペットボトルの容量(重さが影響?)で、水の出方が変わるので、事前に試して調整する必要がある。

試してはいないが、通常のペットボトルのキャップ自身に穴を開けても使えそう。

お手製サイフォン式自動給水

バケツ等に水を入れて、細長く切ったタオルをタコ足状態で鉢に渡すだけ、木を植えた大きな鉢より、小さ目の鉢にまとめて水遣りをするのに向いていると思う。
1.バケツ等に水をいれ、中央に置く。

2.1の周りに、植物の鉢を囲むように置く。

3.古くなったタオルなど長めの布を、タコ足状態に細長く切る。この時、片方の端は、切らずに残す(のれん状態)。

4.切らずに残した方の端をバケツに入れ、細長く切ったタオルをタコ足状態で鉢に渡す。

5.風でタオルがずれないように、爪楊枝などで、土に押し込む。

玄関など、人目につく場所では、水を入れた入れ物を鉢の後に隠し、1対1で布を渡した。

市販の給水器

鉢植簡易給水器 給水番:実際に利用した。原理は4と同じだが、お手製と違い保管、再利用し易い。

パナソニック 自動水やりタイマーEY4200P-H:旅行後に知ったが、予算に余裕があれば、これもなかなか良さそう。

荷作り

風呂敷

夫は衣類圧縮袋を愛用しているが、私は断然風呂敷派!衣類を締め付け過ぎず、スーツケース内で柔軟に使用できる。

ジップロック

私は日頃からスカーフ愛用者。ジップロックはスカーフを入れるのに打ってつけ。

古ストッキング

古ストッキング等に新聞紙を丸めて入れたものを靴の内側に入れ、型崩れしないようにする。全体も古布等で覆い古ストッキングに入れる。これを片方ずつ用意してスーツケースに収納。