目的地

今年のGWはどこへ行こうか・・・、行先を決めるのは、毎年オオゴトである。今年の候補は3つ。

1. ドイツ
夫一押し。昨年の南ドイツ旅行で、かなり気に入ったらしい。

2. クロアチア
TBS「世界ふしぎ発見」で見て以来、気になっていた。My Webサイト(Ciao!シチリア☆ドライブ旅行)を見た方からのメールでもお勧めだった。

3. ポルトガル
母が昔から興味をもっていたので、なんとなく・・・。My Webサイト(Danke!南ドイツ☆ドライブ旅行)を見た方からのメールでもお勧めだった。

最終的にはクロアチア(ドブロブニクやプリトヴィッチェ湖群国立公園)が残り、行く気満々で本を何冊も購入。ところが、航空便を調べると、意外に不便。今回は頑張っても8日間しか休みが取れないことから断念(涙)

そこで何故か急浮上したのが「イタリアのトスカーナ州」。理由があるとするれば、夫はチェーザレ(モーニング連載中の漫画)ファンだから・・・?「中世史に興味がある」といった方が聞こえが良い?

航空券

中部国際空港⇔フランクフルト⇔フィレンツェの航空券を購入したいが、某社に何度問い合せても、ルフトハンザ航空の料金がなかなか決まらない。別航空会社の別経路も勧められたが、やはり地元名古屋出発は便利だ。ルフトハンザなら夫はセネター会員だし、やっぱりルフトハンザで行きたい。

最終的には、Yahoo!トラベルで検索し、名前を知っている会社の中で、一番安かったJTB大阪とんじゃおで購入。インターネットといっても、担当者に電話で質問することもできる。予約確認書や案内などの書類は、すぐに添付ファイルで届き、後日郵送でも届いた。

4月以降に購入するならルフトハンザ直販でも、燃料サーチャージが下がったこともあり、かなり安くなっていたが、確実に行けるように計画するには、多少高くても早く購入するしかない。

レンタカー会社

最初に一昨年、昨年と利用したAVISレンタカーに、円建てプラン(日本円で前払いするプラン)で仮予約した。が、過去に何だかわからない料金を請求されたことを思い出し、別のレンタカー会社を調べるとともに、地球の歩き方旅のQ&A掲示板に質問を投稿してみた。

その結果、今回はEuropcarに決定!円建てもやめて、初めて現地払いにした。レンタルする営業所も初めて空港以外にした。

AVISは、日本出発日の3営業日前までに支払い手続きを完了しないと自動的にキャンセルになる。放置するのは嫌なので、Web上からキャンセルの連絡をいれた。

トスカーナ州の情報&ドライブ地図

まずは、イタリア政府観光局に資料請求した。私たちの場合は、訪問先の地図(駐車場の場所がわかる地図)を中心に送っていただく。

次に準備したものは、ミシュランの地図。といっても今回は、ミシュランのサイトの地図だ。出発地と目的地を入れ検索すると、まるでカーナビのように、ルートを表示してくれる優れもの。しかも距離、費用(ガソリン代+有料道路代)もわかるので、ドライブルート作りに役立つこと間違いなし!

さらに、前述の地球の歩き方旅のQ&A掲示板にも質問を投稿。実際に行かれた方やイタリア在住の方からの情報は貴重!!

ホテル

毎年恒例のBOOKING.COMでお世話になった。私のホテル選びの基本は、レビューを読むこと。平均スコアが「8」以上(10点満点)で、私達が重視する点がレビューで評価されていること。その結果、次のホテルを予約した。

フィレンツェ・ Cosmopolitan Hotel
(レンタカーで出発することを考慮)

サン・ジミニャーノ・Hotel L’Antico Pozzo
(中世の街中で滞在できる)

シエナ・Villa Scacciapensieri
(トスカーナらしい景色とレンタカーでの移動を重視)

Hotel L’Antico Pozzoだけは、BOOKING.COMでは予約できなかったため、直接ホテルのWebサイトから予約した。毎年のことだが、BOOKING.COMで満室でも、直接問い合せると結構空いている。

ちなみにVilla Scacciapensieriは、BOOKING.COMで予約しても、全くディスカウントがなかった。それもそのはず、GW中は、バカンスシーズンと並んで室料が高い。

予約をすると、BOOKING.COMからメールが届く。ホテルによっては、ホテルからもメールが届く。時々予約が入ってないとの話も聞くので、適当な頃合いをみて、「予約確認」と「現地情報(天候、イベント、駐車場等)」などの質問メールを送る。今のところホテルから必ず返信があるが、1度だけ希望と異なる部屋が予約されていた。

メール確認は、安心できるだけでなく、現地の情報もわかるので2度嬉しい。いつもメールの最後には、「滞在を楽しみにしてます!」の一言を必ず添えている(^^)

換金

ユーロの安い時に、まとまった額を換金。手数料を足しても、去年より1ユーロで約40円安く、随分得した気分。