2日目 4/30(Sat)

""

世界遺産チンクエテッレ & ラ・スペツィア

 

朝食

テレビの目覚ましで起きる。カーテンを開けると、う〜ん、曇ってる。ややテンション下がる。とはいえ、テキパキ準備をし、朝食のレストランへ。

ここは駅前のためか、ビジネス客が多い。キャスターバッグとともに現れ、素早く朝食を済ませる人もいる。のんびり食べているのは私達ぐらいかも。メニューは可もなく不可もなく。目に付いたのは椅子、全てキャスター付きとはホテルでは初めてだ。

ドライブ旅行では恒例となってしまったが、いざという時の食料を調達。今回は初めて夫が取りに行った。嫌々行った割には、ラスクもどき、クッキー、果物、たくさん持ってくるのでビックリ!

レンタカーでチンクエテッレへ

〜 ヨーロッパカー 〜

ホテルからヨーロッパカーの営業はすぐ、のはず。2年前のフィレンツェでの失敗が思い出されたが、今回はすぐに発見。

スタッフは1人、先客が2組いたので、少しだけ待つ。最初は無愛想なお兄さんだと思っていたが、チンクエテッレまでのルートを聞くと表情が変わり、いろいろ教えてくれた。お勧めは、アウトストラーダA1号線をフィレンツェ方面へ南下し、A11→A12を走るルート。景色が良いそうだ。が、時間がかからないのは、パルマ経由。私達は、早くチンクエテッレに行きたかったので、つまんないルートを選択した。

説明通りに走りると簡単にA1にのれた。間もなくSAがあったが、ここはスルー。暫く線路と平行して走る。道沿いには、黄色やオレンジの花が咲き乱れていた。

〜 ♪サービス・エリア♪ 〜

出発から1時間、SAで休憩。ここはレジで先に精算する。レシートをカウンターで見せると注文したものが出てくるシステム。ヨーロッパでは多いように思う。エスプレッソを頂き、お手洗いを済ませ、そしてショッピングタイム!様々な食材が並ぶ。さすがに見るだけだが、やっぱり楽しい。結局購入したのは、いつものようにミネラルウォーター、そして持参するのを忘れた歯ブラシだ。忘れてよかった、と思わせてくれるだけの面白さ、子供用だが購入。

〜 チンクエテッレへ 〜

このあとA15に入り、長閑な景色を見ながらラ・スペツィアへ。間違えてラ・スペツィアで一旦降りてしまったが、出口の隣は入口、すぐにリカバリー。ただし高速代は無駄に払った。

ここからはA12、お腹も空いたし、次のSAでランチタイム。

<ランチ>

ペンネ、パスタ、サラダ

 

ボローニャのレンタカー ボローニャのレンタカー アウトストラーダの目的地までの所要時間案内

<写真>左:レンタカー 中央:ヨーロッパカーのボローニャ営業所
右:アウトストラーダの目的地までの所要時間案内

アウトストラーダA1 ラスペツィアへ分岐 アウトストラーダA15

<写真>左:アウトストラーダA1 中央:アウトストラーダA15(ラスペツィア)へ分岐 右:A15

〜 モンテロッソ・アル・マーレへ 〜

チンクエテッレは5つの土地という意味で、モンテロッソ、ヴェルナッツァ、コルニーリア、マナローラ、リオマッジョーレの5つの村の総称だ。一番大きな村モンテロッソが本日の目的地。

もともとはラ・スペツィアでホテルを予約していたが、旅行準備が進まなかったのが幸いし、地球の歩き方サイトで教えていただいたホテルに直接予約した。そして、親切にモンテロッソまでの道のりも詳しく教えて頂いた。

A12を Carrodano-Levantoで降り、Levanto方面へ向かう。海辺のLevantoから南下し、Monterossoの標識通りに山中を走る。道は狭いが、すれ違いできないほどではない。
注意点があるとすれば、Monterossoの新市街(Fegina)・旧市街へ分岐。間違えても戻るだけのことだが、一応「Monterosso Fegina」方面へ。

このまま海沿いまで下りていくと、そこが新市街で、公共の駐車場もある。あとはホテルのWebページ説明通りで難なくホテル到着。難なくとは言ったものの、最後の1km(海沿いから再び山を上る)は本当に狭い。ただ、私道といっても過言ではないくらい、その通り沿いには住宅は少ない。

Carrodano-Levanto出口から一般道へ 道沿いには小さな集落が点在 モンテロッソ・アル・マーレ新市街へ分岐直後

<写真>左:Carrodano-Levanto出口から一般道へ 中央:道沿いには小さな集落が点在
右:モンテロッソ・アル・マーレ新市街へ分岐直後

〜 Hotel Suisse Bellevue 〜

ホテルは高台にあり、チンクエテッレが一望できる静かなのんびりしたところ。駐車場があるのがありがたい。しかも無料。

街へのアクセスが不便そうだが、シャトルバス(9人乗りタクシーといった感じ)が朝から夜中まで運行しているので問題ない。

少なくとも下りる方は、歩くのも楽しい。

モンテロッソのホテル・Hotel Suisse Bellevue

 

ラ・スペツィアへ

〜 モンテロッソ駅へ 〜

休憩後、夫の希望でイタリア最大の海軍基地があるラ・スペツィアへ。もともと泊まる予定だった場所だし、電車にも乗れるので、私も大賛成。

ホテルから海沿いまでは歩いて10分、そこから美しい海とジェラッテリア(笑)に心を奪われそうになりながらモンテロッソ駅まで歩く。

モンテロッソの新市街

〜 モンテロッソ駅 〜

駅に着いたときは、いったいどこで買うの?という状態だったが、ホームに入ると券買所があった。夫がチケットを買う間に(並んでいた)、私はどのホームから何時発があるのかチェック。

どうやらbin(binario)というのがホームの番線のようだ。そして列車が遅れてることも何となくわかった。遅れているおかげで、ほとんど待たずに乗車できラッキー。

モンテロッソ駅

ちょうど乗る時に、近くの日本人家族がイタリア人観光客からラ・スペツィアに停まるかどうか聞かれている。その人達は無視、代わりに私が答えてあげた。ちょっと誇らしげの私。

ラ・スペツィア観光

〜ウィンドウショッピング 〜

ラ・スペツィア駅で帰りの列車の時間を確認してから歩き出す。想像していたよりずっと「街」だ。お店もたくさんあって、あれは何だ、これは何だとキョロキョロしてしまう。土曜日なので人通りも多い。明日はメーデーだし。

夫が見たがっていた海軍基地は通りから見えず残念。多分あの辺だね、と指さし見学終了。喉も渇いたことだし、カフェで休憩、甘みをおさえたフルーツタルト、美味しかった♪

ラ・スペツィア ラ・スペツィア ラ・スペツィアの街路樹

ラ・スペツィアの海軍の造船所? ラ・スペツィアのカフェ

〜 列車は大変(^_^;) 〜

帰りは18時発に乗る予定で、余裕をみて15分前に到着。ホーム内の券売機(英語表記あり)で切符を買い、ホーム内の黄色い改札機に通す。改めて出発時刻、乗場(ホームの番線)を確認し、電車に乗り込む。

余裕で本を読んだりしていると、何やら周りがざわめいている。構内放送もかかっている。夫がいうには、出発が遅れるらしいと(こーゆー時は、ちょっと尊敬)。そうこうする内に、大勢の人が別のホームに向かって突進。私達もかなり遅れて列車を降りる。次の18:06発の各駅が先に出るそうだ。

遅れをとった人達は、列車に乗れず、再び元の列車に戻る。残念なことに私達も(^_^;)。さらに20分ほど待ち、出発。

列車はほとんどトンネルの中だが、時々見えるチンクエテッレの村が夕陽を映えて美しいかった。

〜 列車の乗り方 〜

■写真1枚目:時刻表
あちこちの掲示板に貼ってある。当駅(ラ・スペツィア)1番線(BIN 1)18:00発、終点SAVONA20:57着、Monterossoには18:17着ということがわかる。

■写真2枚目:ホーム内の行先表示
1番線(Binario=Bin)は18:00発SAVONA行き。

■写真3枚目:駅構内の券売機

英語表記もあるので、おそらく心配なし。

■写真4枚目:駅構内の改札機

日本のように入口の改札はなく、この黄色い機械にチケットを入れると、日時が打刻される。あとは乗るだけ。

ラ・スペツィアの時刻表 1番線から18時発SAVONA行き18:17モンテロッソ着に乗る予定 ラ・スペツィア駅 1番線は、18時発SAVONA行き ラ・スペツィア駅の券売機

ラ・スペツィア駅の改札機

Ristorante Pizzeria Da Ely

モンテロッソ駅から旧市街へ散歩。涼しくて気持ちいい。旧市街はお店が多くワクワクする。お土産をチェックしつつ、レストランもチェック。地図もなく適当に歩いたが全然問題なし。迷った末、スタッフの勢いのあるお店に入る。

本日のディナー↓↓

アンティパスト ディ マーレ(前菜・海の幸の盛り合わせ) ×2 (2人前からオーダー可)

海の幸のリゾット(正確な名前を忘れた) ×2 (2人前からオーダー可)

ワイン

ミネラルウォーター

エスプレッソ ×2

どれも新鮮で本当に美味しい!食べることに(殻剥きとか)必死になって気付くのが遅れたが、いつのまにか満席。美味しさの証明!?

支払の際にプチトラブル。最後にエスプレッソを注文したが、それがレシートに書いてなく、オーナー(?)が私達のテーブル上にカップに気付き、スタッフを呼び、お叱りタイム。私側からはそれが見えてしまい、去年のリスボンのレストラン(プロvs新人)を思い出す。去年と同じだけお小言が長い。ようやくスタッフが開放され、支払えることに。

〜 ホテルへ 〜

ほろ酔い加減の私達、満たされた気分で歩く。昼間も美しいが、夜も雰囲気がいい。もともとラ・スペツィアに泊まる予定だったが、モンテロッソに変えてよかった。こんなにのんびり楽しい時間が過ごせるのは、ここで泊まっているさまさま。

Miky前21:50発のシャトルバス(バスというより大型タクシー)に乗りホテルに戻る。高台にあるホテルの部屋からは、海岸線沿いの村の灯り見え、最後の最後まで美しい。

Antipasto di mare(アンティパスト・ディ・マーレ) モンテロッソの地図 夜のモンテロッソ新市街

 

data

行程

09:40 ホテル 出発
09:43 ヨーロッパカー 到着
10:13 ヨーロッパカー 出発
10:27 A1の入口(発券)
11:15 SAで休憩
11:32 SA 出発
11:38 A1→A15へ分岐
12:32 ラ・スペツィア経由A12へ
12:45 SAでランチ
13:22 SA 出発
13:30 Carrodano-Levanto出口
14:03 ホテル 到着

15:10 ホテル出発

16:03 モンテロッソ 発(電車)
18:28 ラ・スペツィア 発(電車)
18:50 モンテロッソ 着
21:50 シャトルバス

天候

曇 時々雨 のち晴

食事

朝: ホテル
昼: SA
夜: Ristorante Pizzeria Da Ely

宿泊

Hotel Suisse Bellevue
(Monterosso al Mare)

費用(単位:ユーロ)

SA
歯ブラシ、ミネラルウォーターなど
10.00
SA
ランチ
14.60
高速代
ボローニャ→ラ・スペツィア
17.50
高速代
ラ・スペツィア→レヴァント
4.50
モンテロッソ⇔ラ・スペツィア
@2.4×2(往復)×2名分
9.60
ラ・スペツィアのカフェ 8.70
モンテロッソ
ディナー
66.00
ボローニャホテル代 145.00

 

地図

<ボローニャ>


大きな地図で見る

<モンテロッソ>


大きな地図で見る

 

その他

Europcar

Ristorante Pizzeria Da Ely

イタリアの地図

メールはこちらまで