5日目 5/3(Tue)

""

レッジョ・エミリアとカノッサ

 

レッジョ・エミリアへ

パルマからの近場ドライブ、どこに行こうか?いろいろ本は見たが、ある人のブログからレッジョ・エミリアに決めた。「ドゥオモ広場で毎日のように市が開かれ、思いのほか楽しい街」との感想に引かれ。もちろん、あのパルミジャーノ・レッジャーノもあるから♪

まずは、ホテル前の通りを東へ進み、パルマ駅東側のTrento通り→Leonardo通りを走り、右折してSS9号線に入る。そしてひたすら東へ東へ。駅周辺の道路は比較的混んでいたが、まぁ、地元名古屋に比べればどぉってことはない。どぉってことがあるとすれば、たまにパラッツォ(宮殿)?と思えるような建物が現れること。

Trento通り SS9号線 SS9号線からの風景 パラッツォ(宮殿)?

<写真>左:Trento通り  中央:SS9号線  右:SS9号線からの風景

レッジョ・エミリア

〜 駐車場 〜

駐車場はすぐ見つかった。でも満車。ぐるんぐるんまわりながら空くのを待ったが、どんどん他の車に先を越され、どんどん夫の機嫌が悪くなる。そして狭い車内で、恒例大バトルが始まる(いえ、単なる口論^_^;)。

車内から見る限り、観光客ではなく、地元の人が、通勤やショッピング等で停めてるようだ。負けて(?)当然。

結局直ぐ近くに大きな駐車場があった。ここはイタリアでは初体験、エントランスゲートにカメラが導入されていて、車両ナンバーが自動的に記録されるしくみ。郊外の小さな街、と思って訪ねたが、意外に進んでいる。

〜 ドゥオモ? 〜

ここでも地図はないため、適当に歩く。おっと、いきなりドゥオモ?とりあえず中に入ってみる。ここのドゥオモは観光客がいないせいか、ひっそりとした感じ。そもそもドゥオモが目的ではない。ドゥオモ広場はどこ!ドゥオモ広場の市はどこ!

レッジョ・エミリアの駐車場 ドゥオモ発見? ドゥオモ内?

<写真>左:レッジョ・エミリアの駐車場 中央:ドゥオモ発見? 右:ドゥオモ内?

〜本物のドゥオモ 〜

どうもドゥオモではないとの結論に達し(後でマドンナ・デッラ・ギアラ教会とわかった)、夫のナビで(適当に歩いて)探す。少しずつ人の多いところになってきた。そしてついにあった!本物のドゥオモだ。その証拠に広場では市が開かれ、相当に賑わってる。

参考にしたブログによれば、ほぼ毎日開かれているようだが、どうしてこんなに賑わっているのか不思議なくらい。一応ドゥオモ内も見学したが、気持ちは別のところに(^_^;)

プランポリーニ広場の市とモンテ宮 ドゥオモ ドゥオモ

<写真>左:プランポリーニ広場の市とモンテ宮 中央・右:ドゥオモ

〜市! 〜

白いテントを張った屋台、かなりの数だ。まず目に飛び込んできたのが、靴、靴、靴。ドイツのカウフボイレンで医療器具の屋台を見て以来の驚き。イタリアらしいのかもしれないが、私にはとにかく新鮮に映った。他に、衣料品も多く、もちろん食料品も。手始めに、ポルチーニ茸を少々購入。

レッジョ・エミリア市庁舎 サン・プロスペロ教会(?) プランポリーニ広場の市

<写真>左:市庁舎 中央:サン・プロスペロ教会 右:プランポリーニ広場の市

〜 Antica Salumeria Pancald で…(#^.^#) 〜

プランポリーニ広場(ドゥオモ広場の正式名称)界隈では、市以外にも多くの店舗がある。まず目を引いたのが、デリカテッセン。目にも鮮やかで、食欲をそそる。味見もさせて頂いた♪

続いて、レッジョ・エミリアを訪ねた最大の目的、パルミジャーノ・レッジャーノのお店へ。たまたま立ち寄ったこのAntica Salumeria Pancaldというお店、なかなか魅力的。30分ほど居ただろうか。帰国後にわかったことだが、図書館で借りたイタリア食材の本に載っていた。

日本で最初にパルミジャーノ・レッジャーノを意識して食べたのは、結婚直後。夫がサントリーの通販で、ワインとチーズが定期的に届くというサービスを申し込んだ時。その時は産地に来てしまうとは夢にも思わなかった。

パルミジャーノ・レッジャーノをまずは購入。もちろん真空パックにして頂く。他に、サラミ、クラテッロ、そしてバルサミコ酢。なんとここは、前述の本に紹介されていたものと同じ、カヴァッリ社のバルサミコ酢を取り扱っていた。う〜ん、せっかく出会ったのだから買わずにはいられない。

 

レッジョ・エミリアのデリカテッセン Antica Salumeria Pancaldの店内 Antica Salumeria Pancaldの店内

<写真>左:レッジョ・エミリアのデリカテッセン 中央・右: Antica Salumeria Pancaldの店内

〜 ランチ 〜

通り沿いのカフェCaffetteria Tropicalで気軽なランチ、といっても侮ることなかれ。クラテッロが美味しいせいか、パニーニが美味しい。ますますここレッジョ・エミリアが好きになる。

本日のランチ↓↓

クラテッロのパニーニ × 2
サラダ × 1
オレンジジュース × 2

〜 国旗の街 〜

レッジョ・エミリアはイタリア国旗発祥の地、と前もって本で読んでいたが本当だ。そこかしこに旗が掲げられ、もちろんイタリア国旗も。

手持ちの本には「フランス革命の波がイタリアにも押し寄せてきた1797年、モデナ、ボローニャ、フェッラーラ、そしてレッジョ・エミリアの代表者は、この部屋(現レッジョ・エミリア市庁舎内)で集会を開き、チスパダーナ共和国の建国を宣言した。その時に共和国の旗となったのが、緑、白、赤の三色旗であった。」とかかれている。

〜 駐車料金精算 〜

ランチ後はジェラッテリアへ。夫は私以上にアイスクリーム系が好きで、自宅でもお風呂の後にほぼ毎日食べている(量は控えめ)。

夫的なランチのコースがやっと終わったようで、駐車場へ。念のため他の人が精算しているのを見て予習。分からない時はこれが一番!では、本番といきましょう。
ナンバーを入力すると金額が表示されるので、コインを入れる。ただこれだけ。

Caffetteria Tropical でランチ イタリア国旗発祥の町レッジョ・エミリア レッジョ・エミリア駐車場の精算機

<写真>左:ランチ 中央:イタリア国旗発祥の町レッジョ・エミリア 右:駐車場の精算機

 

カノッサへ

〜 逆(-"-) 〜

中世史好きな夫のために私が選んだのは「カノッサの屈辱」で有名なカノッサ。神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世がローマ教皇グレゴリウス7世に謝罪した地(詳しくはこちら)。レンタカーでこそ行ける場所でもある。

夫はいきなり私の忠告を無視して走り出す。適当に走れば着くよぉ。まったく、ここをどこだと思っているのか。よほど迷路がお好きなようだ。毎度ルートは私が調べているので、私の方が知識では勝っている。今向かっているのは、どう考えてもパルマ方面。夫を説得し、引き返してもらう。

〜 事故(-"-) 〜

レッジョ・エミリア中心部手前で突然渋滞。自動車事故だ。1台はひっくり返っている。幸い運転手は軽傷らしい。私たちも気を付けなければ。。。

〜 何処(-"-) 〜

レッジョ・エミリアからカノッサへ
拡大表示(別ウィンドウ)

ミシュランサイトによると、レッジョ・エミリアからカノッサまでは23km40分の道のり。 ミシュランの地図を見る限り、別段難しくなさそう。
が、予定では左地図の青ラインを行くはずが、大きく間違えてしまったよう。旅メモから推定すると、赤ルートを取った可能性大有り。オ〜マイガ〜(涙)。

 

マイブーム、英語で残念(^_^;) → That's too bad. What's a pity! Poor me! shame!
初めての海外オーストラリアで仲良くなったオージーの口癖 → What's a pity!
まぁ、どうでもいいことか。。。

帰国後ルートを再確認したところ、Canossa城跡とは別に、Ciano d'Enzaという町の近くにカノッサ(Canossa)という文字発見。日本語版Googleで見て、間違いでしょう、と意気込んでイタリア語版を確認したところ、こちらでも載っている。残念。
ひょっとしてCanossaとCanossa城跡(史跡は茶色地白文字のはず)の看板を見間違えた?

ちなみに、スピード違反(?)で捕まってる車を見た。用心、用心。

カノッサ城跡まで20分 まもなくカノッサ城跡 カノッサ城跡周辺の景色

<写真>左:カノッサ城跡まで20分 中央:まもなくカノッサ城跡 右:カノッサ城跡周辺の景色

カノッサ

〜夏草や兵どもが夢の跡? 〜

カノッサ城は廃墟、しかも誰もいない。なんとなく、トスカーナのサン・ガルガーノ聖堂跡を訪ねた時と同じ芭蕉の句を思い出す。美しい風景の中に建つ廃墟は、やっぱりちょっと切ない感じ。

偶然知った英訳、なんと訳者は新渡戸稲造。
 The summer grass
 'Tis all that's left
 Of ancient warriors' dreams.

3行にしているあたり、575を意識してるのか?外国人が平泉でこの英訳を読んだら、理解できるような気がする。以前職場で隣席だったカナダ人は、松尾芭蕉の辿った道を訪ねたいと言ってたし。

話を元に戻してと…、夫と二人で周辺を歩くも、城内には入れない。ちょっと残念。駐車場近くの建物1Fはインフォメーション兼売店らしい。行ってみると、ご用のある方は呼び鈴を押すよう書いてある。押してみた。上階から男性が顔をだし「今開けるね〜」。

〜トスカーナ辺境伯・マティルデ 〜

インフォメーションの男性は、とっても歓迎してくれた。わざわざ日本から!!(ポルトガルでも言われた気が…)  学校で習うのか?とか、いろいろ質問がとんだ。夫が学校でも習ったし、中世史に興味があるきと回答。

そのオジサンは、中世史が好きと聞いては黙ってられないのか、熱く語り始める。特にこの地を治めたトスカーナ辺境伯・マティルデについて。ヴァチカンのサン・ピエトロ寺院に葬られている、唯一の女性だ。また、カノッサはローマ法王が来られたこともあると、写真で示しながら誇らしげだった。

結局中には入れなかったが、来てよかったと思える時間が過ごせた。

カノッサ城跡の駐車場 カノッサ城跡周辺 カノッサ城跡

 

パルマ

〜パルマへ 〜

基本的にParmaの標識を目指せば、町までは到達できる。その後は昨日に続いてホテルまで大回り。なかなか学習できないものだ。今回はドゥカーレ公園というランドマーク前のホテルなので、迷う、とまではいかないが。

〜 ショッピング 〜

今日もホテル前の無料駐車場が空いていた。ラッキー!ホテルで少し休憩した後ショッピング開始。夫は昨日下見を済ませていたようで、まずは、アンティークな印刷物を取り扱うお店OLIVA Di Soncini へ。私はさほど興味がないが、入口の騙し絵的な紙細工(上手く表現できない^_^;)が気に入った。が、値段をみてびっくり!悩むような金額でなかった。夫は結局3枚を選びご購入。

続いて、エノテカ カヴァッリEnoteca Cavalliへ。 お店のスタッフと相談し、3本購入。このお店、ワインだけではなく、香辛料なども豊富。なかなか気に入った。

〜 VISA特集「豊穣なる食都パルマの口福」 〜

驚いたことに、 帰国後最初に届いたVISAの冊子がなんとパルマ特集。このEnoteca Cavalliが載っていた。すっごく嬉しい♪旅行前ならもっともっと「口福(この言葉、頂いておこう#^.^#)」になれたに違いない。

↓他に載っていたお店はここ↓

リストランテ アル・トラメッツォ Al Tramezzo

トラットリア コリエーリ Trattoria Corrieri

食材のお店 ラ・ヴェルディ La Verdi

ジェラッテリア K2 Gerateria K2

アンティークやリメイクアクセサリー ジョイエ・エ・プロフミ・アルテ Gioie e Profumi Arte

ワインバー タバーロ Tabarro

レザー専門店 ドロシー Dorothy

 

〜 ディナー 〜

ガリバルディ広場 Piazza Garibalde 南側にあるトラットリア(店名不明)でディナー。迷ったあげく、まぁここでいっか、的に決めたのだが、好判断♪
徐々に暮れていく、そして徐々に明かりが灯る光景を楽しみながら、「口福」な時間を持てた。

本日のディナー↓↓

クラテッロ&メロン
サラダ
ポルチーニ茸のラビオリ
ビーフステーキ
赤ワイン、レモンソーダ

 

ガリバルディ広場 Piazza Garibalde前でディナー ガリバルディ広場 Piazza Garibalde周辺の建物 ガリバルディ広場 Piazza Garibalde前でディナー

 

data

行程

08:00 朝食
09:35 ホテル出発

10:20 レッジョ・エミリア到着
10:35 駐車場出発、散策
12:40 barでランチ
13:25 ジェラッテリアで休憩
13:40 駐車場出発

14:54 カノッサ到着
15:32 カノッサ出発

16:25 ホテル到着
17:25 ホテル出発

21:20 ホテル到着

天候

晴 最高気温26℃

食事

朝:ホテル
昼:Caffetteria Tropical
夜:ガリバルディ広場前
   

宿泊

Starhotels Du Parc
(Parma)

敷地内に無料、有料駐車場有

地図

レッジョ・エミリア Reggio Emilia

大きな地図で見る

カノッサ城跡 Canossa
カノッサ地図
大きな地図で見る


費用(単位:ユーロ)

パルミジャーノ・レッジャーノ 500g 12.98
カヴァッリ社バルサミコ酢
aragosta
39.00
クラテッロ744g 11.11
サラミ 10.40
バルサミコ酢CASTELLO 10.40
ポルチーニ茸2袋 9.80
チョコレート2袋 7.00
ランチ 21.00
ジェラード 2.00
駐車料金 3.00
ワイン3本 17.30
アンティーク印刷物3枚 39.00

お土産

【レッジョ・エミリア】

ポルチーニ茸ポルチーニ茸


サラミとクラテッロクラテッロとサラミ

 

カヴァッリ社バルサミコ酢Aragostaカヴァッリ社バルサミコ酢Aragosta(赤ラベル)


CASTELLO バルサミコ酢


パルミジャーノ・レッジャーノパルミジャーノ・レッジャーノ

 

【パルマ】

その他

Europcar

カノッサ城跡

Aceto balsamico tradizionale - consorzio di Reggio Emilia(伝統的なバルサミコ酢のレッジョ・エミリアの協会)

ACETAIA TERRA DEL TUONO

OLIVA Di Soncini

Enoteca Cavalli

イタリアの地図

 

メールはこちらまで