7-8日目 5/5(Thu)-5/6(Fri)

""

帰国

 

ボローニャ空港

〜 ボローニャ空港へ 〜

ボローニャ空港

ボローニャからフランクフルトは結構近いため、朝食をとってから出発できる。 シチリアやポルトガルで、早朝真っ暗ななか空港へ向かったことと比較すると、かなり時間の余裕を感じ、また、市内から空港までも時間がかからないのも嬉しい。

朝食後、準備万端で部屋を出る。このホテルはエレベーターホールに靴磨きマシンが設置されている。
部屋に戻るのも時間がもったいない、という忙しい人向け?

夫がチェックアウトする。ここは駅前ホテル、前の通りを行きかう車も多く、行き交う人も忙しない感じ。夫の後ろ姿もどこか出張っぽい。

結局バスではなくタクシーで空港へ向かう。お土産がいっぱいなので。いつもならタクシーを呼んでもらいホテル前から乗るところだが、さすがに今回は真向いのボローニャ駅まで歩いて行き、そこから出発。

〜 ショッピング 〜

思い起こせば2年前、天候不順による到着地変更でボローニャ空港に降り立った。航空会社による振替輸送がないという混乱の中この空港は面白い!と強く印象に残った。

さっさとチェックインをすませ、フェラーリFERRARIとドゥカティDUCATI STOREへ。一通り見て、ここボローニャが本拠地のドゥカティで、自分たち向けのお土産を買った。
夫はポロシャツとキャップ、私はTシャツとキャップ。う〜ん、なかなか良いんじゃないのぉ♪

出発ロビーでは、チョコラッテリアCIOCCOLATERIA VENCHIへ。
日本国内の団体ツアーでは、最終日に空港近くのお漬物屋さんに寄ろうものなら、皆買うらしい。さんざん食べ歩いたのに、デザートは別腹と言い、食べてしまう人も多いらしい。
遠回りしたが、要するに、ここでもまた買った(^_^;)。

フランクフルト

〜 爆睡 〜

年々体力が低下しているためか、それともショッピングで興奮疲れしたためか、とにかくあっという間に夢のなかへ。起きたらフランクフルト、ノンカロリービスケットが座席ポケットに入っていた。

〜 ランチ 〜

いつものように出発ロビー内のお店でテイクアウトした。ここではラップサンドを良く頂く。これも悪くないのだが、レッジョ・エミリアで食べたクラテッロのパニーニが食べたい。もう一度食べたい。。。

<本日のランチ>

ラップサンド、ジュース 等

ボローニャからの接続は良く、待ち時間は正味1時間半位。食べるのが遅い私には特にウィンドーショッピングをする時間はなく、搭乗時間となった。

名古屋へ

〜 エコノミー 〜

今回は初めて往復ともに、エコノミー中のエコノミーといった座席。団体と団体の隙間を埋める感じ?
2年前も往復エコノミーだったが、その時は夫のゴールドカードのおかげで、エコノミーのなかでは最もゆったり座れるエリアだった。常連と一見さんの違いは大きい、、、当たり前か。

が、今回の旅では、何か没収されることもなく、別室に連れて行かれることもなく、新型インフルエンザ等の騒ぎもなく、難無く名古屋に到着。

〜 自宅 〜

例年通り、名鉄とタクシーを乗り継ぎ自宅へ。これも全く問題なし。旅慣れてきた?最後の最後に、自宅の鍵がかかってなかった、なんてことないよね?

実は結婚して最初に驚いたことは、夫に鍵を掛ける習慣がなかったこと。最高に驚いたのは、飲んで夜中に帰ってきて、翌朝私が新聞を取りにいくと、鍵が掛かってないどころか、ドアが10cmほど開いていた。泥棒さん歓迎か(-"-)。。。

夫の実家は、周囲に親戚縁者だらけ。ある日、キッチンで振り向けば見知らぬ人が。そのオジサンが「あんた誰?」 先を越された、それはこっちのセリフだ(怒)。「嫁ですが…」

話をもどしてと、恐る恐るドアノブを回す。あっ、開かない。鍵は掛かっている。第一段階クリア。続いて各部屋をチェック。誰もいない。第二段階クリア。
最後にバルコニーへ。枯れてない。荒らされてもない。パンジーがまだ咲いている。本当に無事だ。無事帰ってきた、ようだ(笑)。

 

旅を終えて…

BSのとある番組で、秋川雅史さんのパルマ留学の話を聞いた。パルマに興味を持ちインターネットで検索したところ、ジャパンイタリア・トラベルオンラインにたどり着く。

ジャパンイタリア・トラベルオンライン「私の住む町Travel案内 パルマ Parma」より引用↓
「いくらテアトロ・レージョで素晴らしいオペラを観た人でも、旅の終わりには『パルマではうまいもん食ったなぁ』と言うだろう(言うかな?)。」

この言葉に魅かれ(笑)、パルマへ行こう!と決めた。

『河童が覗いたヨーロッパ「ボローニャ Bologna」』より引用(準備編参照)↓
この地方は、パスタ類など、たべものが美味。イタリア人がいう。「駅弁もここで買え」

帰国後に読んだ。思わずクスッ、ときたが、異論なし。

今回の北イタリアの旅では、中世の落ち着いた街並みの散策を楽しみ、世界遺産チンクエテッレの美しい景色を堪能し、中世ヨーロッパで起こった事件「カノッサの屈辱」の地にも行けた。とても満足した。

でも、もし感想を聞かれたら、「うまいもん食ったなぁ」と最初に答えるだろう(笑)。

 

data

行程

5/5(イタリア時間)

06:10 起床
07:55 部屋出発
08:07 タクシー乗車
08:22 ボローニャ空港到着
10:42 離陸
12:00 フランクフルト空港着陸
14:30 フランクフルト空港出発

5/6(日本時間)

08:45 中部国際空港着陸 
09:17 特急ミュースカイ出発 
09:46 神宮前駅到着

天候

ボローニャ:晴

食事

朝: ホテル
昼: フランクフルト空港

夜: 機内

費用(単位:ユーロ)

タクシー 15.00
ドゥカティDUCATI STORE 129.00
チョコラッテリアCIOCCOLATERIA VENCHI 13.35
ランチ 17.40

お土産

ドゥカティ

ドゥカティのポロシャツ
ドゥカティのキャップ
ドゥカティのキャップ

地図


大きな地図で見る

その他

 

イタリアの地図

メールはこちらまで