1日目 4/30(Fri) My Birthday!!

""

ポルトガルの首都リスボンへ、そしてドキドキのドライブ。

出発

夫は5時、私は5時半に起きる。私が夫より先に起きるのは、夫が病気二日酔いで弱っている時ぐらいだ。よって少なくとも夫の体調は問題なし(笑)。

昨年に続き、植物の水遣りから初日が始まる。そして簡単に朝食を済ませ、近所の名鉄の駅へ。半分空っぽのスーツケースで、しかも下り坂なのに、寝起きが悪い私はヨロヨロだ。

世間は平日ということで、電車は満員。息苦しいこと10分で急行を降り、ミュースカイに乗り換える。バッグ置き場にスーツケースが寝かせて置かれていたのには、プチイラッときたが、イラッとできる元気はここまで、お休みなさい…Zzz。

セントレア

空港ではすぐにチェックインし、往生際が悪いかもしれないが、今頃ポルトガル会話の本を購入(準備編参照)。「Pode ficar com o dinheiro!(お金ならあげる)」→冒頭の「困ったときのとっさのひと言」から。いきなり刺激的(@_@;)

セキュリティーチェックもパスポートコントロールも並ばなくてもすんだ。不景気の影響か、はたまたアイルランドの火山の影響か、空港は空いている。

最近夫はルフトハンザのセネターから並みのフルークエントトラベラーへ転落。インフルエンザ流行や不景気などで利用回数が減り、そのうえ利用航空会社をルフトハンザに絞れなかったためだ。 試しにラウンジに行ってみたが、同伴者は利用できないと言われ退散、追い返されるのは結構辛い(涙)。しかたなくスタバで珈琲とカツサンドを購入。幸い空いているので一般ロビーの方がかえって寛げた(ちょっと負け惜しみ^_^;)。

フランクフルトへ

びっくり!今回の座席は、満席でもないのに後から2番目。団体さんに囲まれている。まぁ直前に便を変更したんだから文句はないが。なんて言っていたのは食事前まで。メニューは通常2種類あるはずが、私のところでは選択権なし。しかも食べたくない方が残っていた(悔)。しかも今日は体調がやや悪いので、狭い機内はいつもより苦痛だった。

食後は、目には花王めぐリズム 蒸気でホットアイマスク、鼻口には普通のマスクをし、ミイラ状態。これで乾燥から逃れられ快適な睡眠をゲットできるのだ。確かテレビで何とかっていう美容研究家が日頃から同じような状態で寝ていると言ってたような。。。

フランクフルト・マイン空港

毎年恒例なので、取り立てて書くこともないが、今までで一番空港の大きさを感じなかった。慣れたということか。そして今までで一番天気が悪く、待ち時間も長い。そこで、食料をいろいろ調達した。この空港は値段が高いのが気に入らないが、無料のドリンクコーナーがあり、エスプレッソや紅茶が用意されている。隅っこや壁の裏側にあるので、通りの中央を歩いていては気付かない。

リスボンへ

離陸後暫くして夕食が運ばれてきた。名古屋→フランクフルトの食事よりも美味しそうだが、空港でいろいろ食べてしまったのでお腹が空いていない。しかも超スーパー眠い。二人とも食事を辞退し寝入った。

ユーラシア大陸最西端の首都リスボン

〜 初めての大西洋 〜

おぉ、大西洋が見える!リスボンの灯が見える!私は疲れていたが、景色を見た途端興奮。大西洋を見るのは初めて。眺めを楽しんでいると、いきなり到着の時がきた。さっきまで薄っすら明るかった空も、着陸時には真っ暗になっていた。

〜 レンタカー 〜

リスボン空港では夜着にもかかわらず、レンタカーを予約している。到着ロビーを出て右手に進むと、端の方にレンタカー会社の事務所が並んでいる。幸いヨーロッパカーの事務所には1番乗りできた。日本人の機敏さ、いかんなく発揮?

日本人でレンタカーを借りる人は少ないらしく、名乗る前に名前を言い当てられた。目鼻立ちのハッキリした男性が、手早く、そして丁寧に応対してくれる。なんだか日本人っぽい、顔意外は。

check out/in(ホテルのチェックイン・アウトとは逆、レンタカーが借りて出て行き=out、そして帰ってきて返す=in)は、ともにリスボン空港で予約したが、最後の宿泊先(正確には隣)にはヨーロッパカーの営業所があるので、そこに返せないかと頼んだところ、すんなりOK。近距離のおかげか、乗り捨て料金のようなものもなかった。

駐車場で私達を待っていたレンタカーは、これまたビックリ!プリウスだ。しかも日本では見ることができないほどのボコボコ状態。契約書の車の破損箇所欄は書ききれないほど。おぉ、後のバンパーがゆらゆらしている。手で押し込んだら出発だ。

日本車なら確認が要らないだろうというのは大間違い、夫はプリウスに乗ったことがない。駐車場で確認してGo!

リスボン空港の駐車場

リスボン空港の駐車場
(レンタカーエリア)

〜 初めての夜間ドライブ 〜

駐車場にいくつ出口があるかはわからないが、適当に出た。一通だったので、流れのままに空港外へ、う〜ん、違うっぽい。夫に訴えたが、最初は「セントロ(Centro、英語のcenterのこと、イタリアでは同じスペルでチェントロ)をめざせば良いんだよぉ。」と根拠のない発言。Google Mapをかなりチェックした私は「絶対違うから空港に引き返そう」と頼んだところ、今度はあっさり了承。

〜 Hotel Olissippo Oriente 〜

今夜の滞在先は、Hotel Olissippo Oriente。私が熟慮に熟慮を重ねた結果選んだホテルだ。空港ビル正面から東へまっすぐのびるベルリン通りを走り、突き当りで右に曲がり、カジノを越えたところを右、2本目の通りを右に曲がるとホテル正面に到着。空港から近く、夜間走行に慣れてなくても比較的分かりやすい場所で、Booking.comの評価も良く、駐車場もあり、さらにとってもディスカウントされていた♪

とは言いつつ、最初はドキドキだった。ベルリン通り突き当りの手前にある国鉄&地下鉄オリエンテ駅が見えて初めて安心したほど。ちなみに、オリエンテ駅周辺はライトアップされていてとてもきれいだった。

到着後、夫がフロントの女性にパスポートを見せると、誕生日が同じだと喜んでいるではないか。今日は私の誕生日、ということで、私は自分のパスポートを誤って夫が持っていたのだとすっかりカン違い。過剰に反応してしまい、ちょっと恥ずかしい。。。彼女は夫と同じ誕生日だった。

リスボンのカジノ

ホテル東側のカジノ

レンタカーはポーターの男性が駐車してくれたので、楽々お部屋へ。今日はただ移動しただけなのに、機内から見た大西洋と、フロントの明るい女性が十分ポルトガルに来た気分にさせてくれた(^^)

data

行程

08:05 神宮前出発
08:30 セントレア着
10:20 LH737
15:25 フランクフルト着
19:25 LH2176
21:30 リスボン着
22:30 空港出発
22:45 ホテル到着

天候

フランクフルト:雨
リスボン:雨ではない

食事

朝: 自宅、セントレア
昼、夜:
LH737で2回、LH2176で1回

宿泊

Hotel Olissippo Oriente
(Lisbon)
地下に有料駐車場あり。

地図


大きな地図で見る リスボン空港からホテルまでの地図

費用(単位:ユーロ)

ジェラード、ピザ、クロワッサン2個 8.2
ラップサンド 5.5
フルーツ 4.5
ミネラルウォーター 3.5
エスプレッソ 3.5
宿泊料金 98.0
駐車料金 9.6

その他

Europcar

ポルトガルの地図

メールはこちらまで