2日目 5/1(Sat) May Day

""

リスボン・プチ観光と国境の町エルヴァス。

残念な朝食

6時半に起きる。昨夜は念のためドリエルを飲んだ。ぐっすり眠れた。が、相変わらず体調がちっくと悪い(マイブーム土佐弁←NHK龍馬伝にはまる ^^)。

いつもなら楽しみのはずの朝食がいまひとつ進まない。そんな私を尻目に「この腸詰美味いなぁ」と食欲旺盛な夫(イラッ)。

リスボン・プチ観光

〜 オリエンテ駅 〜

今日は祝日・メーデーのため、リスボン以外の観光地は危険。去年のトスカーナ以上に見学施設やお店は休みのようだ。そこで、リスボン・プチ観光!夫が絶対行きたいという泥棒市へ。フロントで行き方を聞き出発。

外に出ると小雨が降っていた。私達は慌てて傘を差したが、ポルトガルの人は誰も差していない。改めて周囲を観察する。「リスボン」らしさは全く感じられないが美しい。オリエンテ駅周辺は、1998年にリスボン万博が開催された場所で、新しいビルが並び、道路は広く整備されている。

歩き出してすぐに地下鉄オリエンテ駅に到着。国鉄もあり、なかなか立派な駅だ。大して乗る予定はなかったが、いちいちチケットを購入するのが面倒なのでViva Viagem(1日券)を購入。窓口の女性が笑顔で応対してくれる。お釣を間違えるというプチトラブルも嫌な気がしない。

地下鉄オリエンテ駅改札口 地下鉄オリエンテ駅ホーム 地下鉄オリエンテ駅ホームの壁画

<写真>左:改札 中央:ホーム 右:ホーム壁画

〜 地下鉄 〜

リスボンの地下鉄は4ラインあり、色でどのラインか分かるようになっている。まず、オリエンテ駅からレッドラインに乗る。レッドラインはリスボン万博開催に合わせて作られたのだろうか?まだ新しそうだし、どの駅も乗客の目を楽しませてくれる。

6駅目のアラメダでグリーンラインに乗り換え、バイシャ/シアード駅まで乗る。バイシャシアード駅構内は独特の雰囲気のあり素敵、思わず記念撮影(^^)

地下鉄バイシャ/シアード駅

バイシャ/シアード駅構内

〜 コメルシオ広場 〜

外はまだ雨が降っていたが、ヨーロッパに来たんだなぁという実感が湧いてきた。写真を撮りながら歩く。ふと右を見ると勝利のアーチトラムではないか!おぉ、リスボンだ!

吸い寄せられるように勝利のアーチをくぐると、次はコメルシオ広場にでた。テージョ川が見える!そして青空も見えてきた。

コメルシオ広場前のトラム 勝利のアーチ コメルシオ広場

<写真>左:トラム 中央:勝利のアーチ 右:コメルシオ広場

〜 トラム28番 〜

コメルシオ広場からアウグスタ通り(Rua Augusta)を歩くと間もなくコンセイサオン通り(Rua da Conceicao)と交差する。コンセイサオン通りは、あのトラム28番が走る通りだ。

適当に歩くと停留所があった。10分ほど待っただろうか、ついにトラムが到着。さすがに観光客で一杯。他の観光客と席を譲りあい、負けた(笑)私達が座った。

目指す泥棒市は、サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ教会で降りる。そろそろ降りる準備をと立つと、近くの女性が「あなたも泥棒市に行くの?」と声をかけてくる。答えは「イエス、オフコース」だ。大勢の人がやる気満々(買う気満々?)で降りた。

〜 泥棒市 〜

サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ教会辺りからポツポツ露店が出ている。サンタ・クララ広場に出ると一面に露店。怪しいものから素敵なものまで所狭しと並んでいる。体調の悪さはどこへやら、楽しくて仕方がない。でも初日、買うのはさすがにやめたが、お土産を買うにはもってこいの市だ。行きたい方は、火曜と土曜しか開かれないので曜日を間違えないように。泥棒市だから?警官もあちこちにいらっしゃった(^_^;)

トラムの走る狭い路地 リスボンのサンタ・エングラシア教会と泥棒市 泥棒市の露店

<写真>左:トラムの走る狭い路地 中央:泥棒市 右:泥棒市の露店

〜 プチ・観光終了 〜

11時近くになり、もはや私は正しい判断が出来ない状態に(笑)。夫に引きずられ泥棒市を後にする。28番で北上し、インテンデンテ駅から地下鉄に乗る予定だったが、なかなかトラムが来ない。バイシャ/シアード方面が先に来てしまったし、ホテルのチェックアウトまであまり時間がないし、往きと同じ経路で戻ることに。目線が往きとは逆なので、同じ経路でも同じ景色ではなく新鮮だ。

オリエンテ駅に着いた時には、清々しい天気になっていた。ミネラルウォーターやジュースを買ってホテルに戻る。時間があれば、オリエンテ駅周辺も散策してみたかったなぁ。。。

〜 プリウスが動かない? 〜

ホテルに戻り、チェックアウトする。ポーターの男性がレンタカーを出してくれるはずが、暫くして顔を赤らめ恥ずかしそうに「車が出せない」と。 サイドブレーキの解除の仕方がわからなかったのだ。結局スーツケースを駐車場に運んでもらうことになった。駐車場では熱心に夫の説明を聞くポーターさん。良い経験だね…なんて(^^)

国境の町エルヴァスへ

〜 ドライブ本番開始 〜

地下駐車場を出て、まずはヴァスコ・ダ・ガマ橋を目指す。ホテルから近くルートは確認済みだが、やっぱりドキドキする。Ponte Vasco da Gama とかP.te Vasco da Gama とかP. Vasco da Gama とかの標識を頼りに走る。

ヴァスコ・ダ・ガマ橋はとても美しい橋で、河口に近いため海の上を走っているようだ。道路幅が広く、車は少ないという好条件、本当に走り易い。中州で潮干狩りをしている人達も見られた。

A12(E90)→A2(E90)→A6(E90)と走る(Aで始まるのは、ポルトガル国内で決められた番号で、Eは国をまたがって振られるヨーロッパ自動車網の番号)。相変わらず快適なドライブ。

そろそろお腹が空いたので、エヴォラ手前のサービスエリアで軽くランチした。こじんまりしているが、お土産が充実している。コルク製品に焼物、フライングして買いそうになる。ここは我慢我慢(^_^;)私達より後から来た団体は結婚式?ここの雰囲気に全く合わない派手な服装。。。

オリエンテ駅周辺 道路標識を頼りにヴァスコ・ダ・ガマ橋へ ヴァスコ・ダ・ガマ橋 ヴァスコ・ダ・ガマ橋 分岐 エヴォラEvora方面へ エルヴァスへ

ランチ後はますます快適なドライブで、トスカーナにも負けない美しい田園風景が広がる。牛さん馬さん羊さん、どうしてこんなに可愛いのか。一面花が咲き乱れ、春らしい暖かな雰囲気に包まれている。が、残念、なかなか写真が撮れない。なぜなら時速○○kmで走っているため私の能力ではピントが合わない。真っ直ぐにのびる快適な道路で前後にほとんど車がいない状態、簡単にスピードがでてしまう。それにしてもスペインに向かって走る気分は快感そのもの!

SAから1時間ほど走り、Exit9 Eovas oeste で高速を下りる。続いてN4を走る。間もなく水道橋が見えてきた。Elvasだ。幾つかのランダバウトを直進し、無事本日の宿泊先Pousada de Elvas Santa Luzia に到着。

高速道路A6からの風景 A6を下り N4を走る エルヴァスの水道橋 現在も使用されているらしい

Pousada de Elvas Santa Luzia

今回のポルトガル旅行で唯一のポザーダ(国営ホテル)。大きくはないが、レモンイエローを基調としたお部屋は清潔感があって明るい雰囲気。フロントにおいてあるセルフサービスのレモンティーが美味しかった。暑い日だけに気がきくぅ♪

エルヴァスのポザーダ Pousada de Elvas Santa Luzia エルヴァスのポザーダ Pousada de Elvas Santa Luzia エルヴァスのポザーダ Pousada de Elvas Santa Luzia

エルヴァス散策

一息ついた後は、城壁で囲まれたエルヴァスの旧市街を散策する。この辺りの道路標識には必ずESPANHAの文字があり、スペイン国境に近いんだなぁと実感。

城壁内に入る道は3つしかなく(たぶん)、1つはホテルからすぐだった。小さなトンネルをくぐり城壁内へ。石畳の道を歩いていくと、まもなくレプブリカ広場に到着。今日はメーデーだが、カフェやバールは営業している。ということで、まずは恒例、広場deカフェ(^^)、夫はビール、私はSUMOLと書かれたオレンジジュース(微炭酸)←これ、甘さ控えめで結構美味しい。

エルヴァス散策(左奥の建物はポザーダ) エルヴァスのノッサ・セニューラ・ダ・アスンサオン教会 エルヴァス レプブリカ広場でカフェしましょ♪

休憩後は、お城(名前がないのかCasteloとしか書いてない)へ。ここからはエルヴァスが一望できる。メーデーのため、城壁の上には上がれなかったが、すごい強風なので、上がらなくて良かったかも。

レプブリカ広場に戻り、そこから今度はカデイア通り→エヴォラ通りを歩く。そしてたまたま開いていたお店(タオル屋さん?)を覗く。エルヴァスはなぜかタオル屋さんがあちこちにある。価格もかなりリーズナブルだ。リスボンの泥棒市も安いと思ったが、ここは更に安い。

タオルを見ていたはずが、看板に釘付けになる。デザートだ!隣のスペースはカフェになっている。これは見逃せないということで早速注文。パステル・デ・ナタ(いわゆるエッグタルト)とセリカイア。セリカイアはここエルヴァスのデザートで、カステラのしっとり版にハチミツがたっぷりかかっていて、プラム付き、なかなか美味しい♪

エルヴァス 城からの眺め エルヴァス ペロリーニョ(罪人のさらし台) パステル・デ・ナタ(左)とセリカイア(右)

休憩後は城壁沿いを少しだけ歩き(少ししか道がない)、そして城壁外に出て水道橋へ。近くで見るとなかなか立派。現在も使われているとは驚き。

ホテルに一旦戻り、暫しお昼ねZzz…。

起きるとずいぶん陽が傾いていた。せっかくなので夕食前に、サンタ・ルジア要塞に行きたい。二人とも寝起きながら出発。

ホテルから近いので、地球の歩き方の地図を見て、ホテル前の道を南東に進む。確かに見えてはいるが敷地内に入れない。

Uターンして、今度はホテルから大通りを東へ。正解!駐車場に到着。ここも中には入れなかったが、のんびり夕暮れの一時を過ごした。

夕方のサンタ・ルジア要塞

こんなはずでは…

待ちに待ったディナータイム。前もってお部屋でメニューを見て考えていたが、結局ツーリスト向けのコースにした。バカリャウ(干しダラ)など郷土料理が適度な量で何種類も楽しめる優れもの。

オリーブにチーズ、ソーセージ、ひよこ豆のサラダといった前菜に始まり、パシュテイシュ・デ・バカリャウ(干しダラのコロッケ)、バカリャウ・ア・ブラスと、ポルトガルの郷土料理を次々楽しんだ。ポルトガル料理は大盛で塩辛いとの悪評も耳にしたが、そんなことは全然なく、バカリャウ料理は美味しかった。

ワインはポルトガルで一般的に飲まれているヴィーニョ・ヴェルデ、低アルコールで微発砲のワイン。夫は飲んだ途端に満足げな笑顔。私も頂く。おぉこれはとっても飲みやすい。

そして私がメインに選んだ料理は「干しダラ、エビ、ほうれん草入りマッシュポテトのグラタン」。なぜか食べ初めて間もなく、気分が悪くなってしまった。多少塩辛くもあったが、やはり体調が悪いためか、疲れか、食べるどころか座っているのも辛くなった。

結局夫を残し、先に部屋に戻り休んだ。夫が戻る頃には気持ち悪さもなくなったが、本当に残念。デザートにいたっては見ることもできなかったとは…(涙)。ちなみに夫のメインは、ミーガッシュ(Migas 肉や魚のうまみをパンにしみこませた料理)だったらしい。

data

行程

07:30 朝食
08:50 ホテル出発
09:03 オリエンテ駅出発
09:16 アラメダ駅出発
09:26 バイシャ/シアード駅着
09:55 泥棒市到着
10:50 泥棒市出発
11:20 オリエンテ駅到着
11:40 ホテル到着

12:07 ホテル駐車場出発
12:50 エヴォラ手前のSA到着
13:30 SA出発
14:45 ポザーダ到着

15:30 エルヴァス散策
17:30 ホテル到着
19:25 要塞へ
19:40 ホテル到着

天候

リスボン:小雨のち晴
エルヴァス:快晴

食事

朝:ホテル
昼:エヴォラ付近のSA
夜:ホテル

宿泊

Pousada de Elvas Santa Luzia
(Elvas)
敷地内に無料駐車場あり。

地図


大きな地図で見る エルヴァスの地図

費用(単位:ユーロ)

Viva Viagem(1日券)
+ 発券代 2名分
8.40
ランチ 15.00
エルヴァス
レプブリカ広場 カフェ
3.00
エヴォラ通りのカフェ 7.00
高速代 14.75
ディナー 59.50
宿泊代 60.06

その他

Europcar

ポルトガルの地図

メールはこちらまで