3日目 5/2(Sun)

""

アレンテージョ地方の小さな街。

復活の朝

昨夜は完食ならず、というわけで、お腹はペコペコ。朝食も美味しいに違いない!と大きな期待を胸にレストランへ。

柔らかな日差しのなかで、ゆったりと朝食を楽しむことができ、壁に掛けられたお皿が目を楽しませてくれる。今日の目的地、陶器の町ルドンドに夢が膨らむ。

メニューはというと、思ったよりトロピカル。フルーツが意外に豊富で美味しい。日常生活でも毎朝必ずフルーツを食べるほど大好きなので、これは嬉しいの一言。もちろんアレンテージョのデザートもあって幸せ♪お腹も膨らんだ。

エルヴァス出発

短い滞在だったが、慌しさは感じない。やはりのんびりした雰囲気がここかしこにある。

チェックアウトを済ませ出発。今日は、のんびりドライブを楽しむために、高速道路と平行に延びる一般道のN4号線を走る。

エルヴァルを出発 道路沿いにガソリンスタンドあり エルヴァスからボルバへ N4号線からの風景

ボルバ

N4号線を西に向かって暫く走ると、Borbaの標識が現れる。気ままなドライブ旅行だから、寄っちゃいましょう!ボルバは観光地ではないが、ワインの産地ということでエッセイなどにその名前が出ていた街。ボルバの地図があるわけではないので適当に走った。間もなく真っ白な新しい2階建てビルに人だかり発見。運良く1台分のスペースがあったので駐車する。

私達もそのビルが気になり見学?なるほど、2階で日曜朝市が開かれていた。ツヤツヤの野菜や果物が美味しいそう。ガイドブックには載っていない街の日常生活の一場面、写真を撮りたかったが、何となく不自然に感じ止めた。

その後、街を練り歩く。さすがに日本人は私達だけで、ちょっと気恥ずかしい。。。ボルバでは城壁を利用した住宅もあり、城壁と共に生活しているようだった。

ボルバに突入 プリウスが静か過ぎて気付いてもらえません(^_^;) ボルバ 素敵なので…カシャ ボルバ 城壁に住んでる?

<写真>左:プリウスの音に気付かないお婆さん
中央:住宅に挟まれた小さな教会
右:城壁と一体化した店舗

ヴィラ・ヴィソーザ

次こそ1つ目の目的地・ルドンドを目指す。走っていると、大理石の採掘場が幾つも見え、景色が一変する。と思っていたら、石畳の道路に差し掛かり、そしてヴィラ・ヴィソーザに到着。また寄っちゃった(^_^;)。それにしてもいきなり公爵の宮殿が現れるので素通りなど無理。

宮殿内は見学しなかったが、隣にある馬車博物館のお庭も含め、付近を散策。ヴィラ・ヴィソーザとは「樹木の茂った町」という意味だそうだが、本当にオレンジの木があちこちに植えられ、たわわに実っていた。温かさ、豊かさを感じる町、次はもっとゆっくりしたい。

ところで、夫がオービス(白い箱にレンズが1個付いているタイプ)を見たらしい。そしてスピードが出過ぎの時に限って、オービスの次の信号が赤になったことから、オービスと信号は連動しているという説を打ち立てた。果たして当たっているのか??

ヴィラ・ヴィソーザ付近の大理石採掘現場 ヴィラ・ヴィソーザ 石畳の道路 ヴィラ・ヴィソーザ 公爵の宮殿

<写真>左:ヴィラ・ヴィソーザ付近の大理石採掘現場
中央:石畳の道路  右:公爵の宮殿

ルドンド

N254号線を走り、今度こそルドンドに到着。ここでの目的は陶器の購入。通り沿いにまず1軒お店を発見、どうやら営業しているようで安心。今日は日曜日なので、お店が全く営業していなかったらどーしよーと心配していたからだ。後で地図を確認したところ「オラリア・ピラッサ」というお店。

その後、適当に走ったら城門にでた。車を止め城壁内へ。エノテカは、地球の歩き方によれば12時からの営業のはず。店の中には人がいる、準備しているのだろうか?開店までに少し時間があるので歩いてレプブリカ広場へ。石畳の道は、結構足にくる。

インフォメーションで地図をもらい、ちょっと広場で休憩。バール前付近ではオジサマ達がおしゃべりしている。どういうわけかオバサマはいない。

一度城門前に戻り、レンタカーで「オラリア・ピラッサ」へ。ここでも前を走るバイクのオジサマが私達のプリウスに気付かず、大通りに出たところで仲間のオジサマ達に促され(笑われ)、道を譲ってくれた。

オラリア・ピラッサでは作業しているところは見れなかったが、温か味のある色合いで楽しい模様の陶器がいっぱい、来てよかった♪夫に購入した商品を全て選ばれてしまったのが、ちと気に入らないが。包装はかなり丁寧にして頂けるので安心。

再び城門に戻ると車でいっぱい。隣に教会があり、ミサに参加する人達の車のようだ。少々駐車に苦労した。そしてエノテカは閉まったまま、残念(涙)。

その後地球の歩き方に載っていた工房3軒、オラリア・ジェレミアス、オラリア・フローザ、オラリア・マキニスタに行ってみたが、いずれも閉まっていた。南に車を進めると、公園(Jardim Municipal)手前に1軒 営業している工房発見、お立ち寄り。お店の名前は忘れてしまったが、同じ場所に窯もあり、写真を撮らせていただいた。そして、もちろん買ってしまった(笑)。

ルドンド 城門 ルドンド 市庁舎 ルドンド 住宅街

<写真>左:城門 中央:市庁舎 右:住宅街

ルドンド 工房オラリア・ピラッサ ルドンド 公園近くの工房 ルドンド 公園近くの工房

<写真>左:工房オラリア・ピラッサ 中央:公園付近の工房 右:公園付近の工房

エヴォラへ

〜 通行止め!?ヒッチハイク!? 〜

ルドンドの町を抜ける際に、通行止め事件発生。地図を見てというより、標識を頼りにルドンドをバイバイする予定だったので、初めはエヴォラに続くN254号線が通行止めかと思い本当に焦った。が、車を停めて他の車を見学していると、どうやら通行止めの標識はあるものの行けてしまうようだ。

結局休日だから工事も休みってこと?どちらにしても通行止めは、N254に続くもっとマイナーな道のことだった。

ホッとしたら、今度はヒッチハイカーが何組も登場。ポルトガルでは普通のこと?見た目は怪しくなかったけれど無難に素通り、気になるのでホテルで聞けば良かったかな。

その後、ロードレーサーの団体にも遭遇。高速道路とは違った面白みがあるなぁとつくづく思った。

〜 アレンテージョ地方 〜

この季節アレンテージョ地方は、春めいて美しい。そして何といっても目に留まるのがコルク樫。コルク生産世界一のことだけあって、本当にあっちこっちで見かける。

コルクは、このコルク樫の樹皮を採取し、その後は手厚く手入れし再生させると、再び採取できるようになるそうだ。

樹皮を採取した部分だけ色が違いっているから、実際に景色を見ていると、あれがコルク樫だと簡単にわかる。しかも、そこらじゅうにある。

そこらじゅうにあるにもかかわらず、樹皮を採取したコルク樫の写真が1枚もないことに自分でもびっくり(^_^;)。

N254号線でルドンドからエヴォラへ コルク樫とウルズ(紫の花)

〜 Albergaria Do Calvario 〜

エヴォラの標識とともに、エヴォラの町が見えてきた。エヴォラは城壁に囲まれた町、事前にミシュランサイトで調べた通り城壁の外側の道を走り、水道橋をくぐり、次のランダバウトを左に折れて城壁内へ。そして最初の通りを右へ曲がるとホテルAlbergaria Do Calvarioに到着。

さすがに駐車場は地下にあり、少々狭いが立地を考えると仕方のないこと。むしろ駐車場があることに感謝!

このホテルは今回の一押しで、ワクワクしながらチェックイン。フロントスタッフHugoさんは、期待を裏切らないどころか、それ以上。いきなり自己紹介され、「私の名前を呼んでみてぇ」と何ともフレンドリーな人。そして今日見学できる場所の説明やレストランガイドも準備してくれた。

エヴォラ到着 城壁外へ延びる水道橋 ホテル Albergaria Do Calvario 到着 ホテル Albergaria Do Calvario のお部屋

<写真>左:エヴォラの水道橋 中央:Albergaria Do Calvario 右:宿泊したお部屋

世界遺産の町エヴォラ

〜 ランチ 〜

2時も過ぎ、さっそくランチを求めて繰り出す。迷う余裕はないので、ジラルド広場のCafe Arcada に入る。カジュアルなお店だからすぐに食べられると思ったが、スタッフが少ないのか、ノンビリしているのか、なかなかオーダーを取りに来ない。ルドンドを出たときに、クロワッサンを1つ食べておいて良かった(^_^;)。

本日のランチ↓↓

パン、バター(←あとでレシートを見たら、バター代0.6ユーロとられていた)
アレンテージョ風トマトスープ(クリームスープ?)、牛肉ハンバーガー、サラダ(ヤギのチーズ、焼きリンゴ付き)
ヴィーニョ・ヴェルデ、オレンジジュース

あまり期待しないで入ったが、結構満足。アレンテージョ風スープは空腹極限状態のお腹に優しく、サラダもバランスが良いのでこれだけでもランチになりそう。

〜エヴォラ散策開始〜

良い感じでランチを終え、エヴォラを散策する。今日も天気が良く、ガイドブックに載っていない教会さえ青空に映え特別なものに見える。

サン・フランシスコ教会は、人骨堂で有名らしいが、Hugoさん(ホテルのスタッフ)もお勧めではないようだったし、私達もあまり興味がなかったし、何よりも散歩が気持ちよかったので中は見学しなかった。

エヴォラのジラルド広場 エヴォラのジラルド広場 エヴォラのジラルド広場

サン・フランシスコ教会 サン・フランシスコ教会の北東にある教会

植物園辺りで折り返し、ジラルド広場から10月5日通り Rua 5 de Outubroを歩く。左右にお店が並び気になってしょうがない。が、ショッピングは後に取っておき、世界遺産の歴史地区へ。まずは、カテドラルSeを見学する。外観は要塞のようであまり教会っぽくないが、中は落ち着いた色調の空間が広がり美しい。天正遣欧少年使節が弾いたとされるパイプオルガンもあった。

カテドラルSe カテドラルSe カテドラルSe

教会見学後は、ディアナ神殿へ。えっ、小さい、と思ったが、それゆえか、ものすごく親近感が沸く。それにしてもローマ時代の神殿が、ここエヴォラにもあるとは驚き。

そろそろ疲れたので、ディアナ神殿前のスタンドでカフェ(エスプレッソ)とメイア・ドゥ・レイテ(エスプレッソとミルクが半々)でコーヒーブレイク。このメイア・ドゥ・レイテは、ポルトガル旅行中のマイブームとなった。

ディアナ神殿とロイオス教会 エヴォラのディアナ神殿 ディアナ神殿前でコーヒーブレイク

〜お買物天国・10月5日通り〜

燃料の補給は終わった。もう一頑張り?お買物の時間だ♪エヴォラで一番目を引くのはコルク製品。日本ではワインの栓や鍋敷き、製品の一部分にコルクが使われているものは見かけるが、ここのはスゴイ。バッグでも靴でもエプロンでも、何でもコルクで作られている。せっかくなので何点か購入。

〜ディナー in オ・アンタォン O Antao

もともとは超有名店のフィアーリョFialhoを予約して下さるようホテルのHugoさんに頼んだが、何度掛けても電話が繋がらないということで諦めた。後でわかったが、定休日(月曜)でもないのに休みだった。 で、事前に調べた中で行きたかったもう1軒のレストラン「オ・アンタォン O Antao」に行った。

本日のディナー↓↓

自家製パン Pao
前菜(エボラのチーズ、マッシュルームのソテー、赤ピーマンのグリル)
自家製スープ Sopa (どんなスープだったか忘れちゃいました…)
カルネ・デ・ポルコ Carne de Porco (豚肉とアサリをマッサ・デ・ピメンタォンで味付けした料理)
ペルナ・デ・ポルコ Perna de Porco
カフェCafe
イチゴのジェラード Gelado Morango
Monsarazという名前のワイン
ガス入りミネラルウォーター

エヴォラのレストラン「オ・アンタォン」の前菜3種 エヴォラのレストラン「オ・アンタォン」で夫が注文したペルナ・デ・ポルコ エヴォラのレストラン「オ・アンタォン」で私が注文したカルネ・デ・ポルコ

ホテルでもお勧めだったので安心はしていたが、実際とても美味しかった。ポルトガルでは前菜は勝手に出てきて、手をつけなければ料金は取られないと聞いたが、手を出さずには入られない。美味しいので1品、また1品と手をつけてしまう。

私のポルトガル料理事前調査では、「大盛」「塩っ辛い」「大雑把」の3大辛口評価も耳にしたが、昨日今日とやや高級な、評判の良いレストランにしか行ってないおかげか、大変満足。

〜 夜の散歩 〜

楽しいディナーの後は、ほろ酔い状態で街を歩いてみる。決して明るくない通り、決して真っ直ぐではない道、どこを歩いているのか分からなくなり、少しだけ散歩するはずが、ホテルに戻るのに30分もかかった(苦笑)。二人で歩いているせいか怖いという感じはないが、細い路地は人通りが少ないので、女性だけなら真っ直ぐ帰った方が無難かも。

data

行程

08:00 朝食
09:55 ホテル出発

10:20 ボルバ到着
10:50 ボルバ出発

11:00 ヴィラ・ヴィソーダ到着
11:25 ヴィラ・ヴィソーダ出発

11:50 ルドンド到着
13:20 ルドンド出発

13:55 エヴォラ・ホテル到着

14:20 ランチ&エヴォラ散策
16:30 ディアナ神殿前カフェ
17:45 ホテル到着

20:00 ディナー
22:15 ホテル到着

天候

食事

朝:ホテル
昼:Cafe Arcada
夜:O Antao

宿泊

Albergaria Do Calvario
(Evora)
敷地内に無料駐車場あり。

地図


大きな地図で見る エヴォラの地図エヴォラの地図

費用(単位:ユーロ)

Redondo
オラリア・ピラッサ
中皿4枚、マグカップ2個
48.40
Redondo
店名不明
小皿6枚
21.00
Cafe Arcada ランチ 25.15
カテドラルSe入場料
1名分
1.50
コルクのサンダル 28.00
ディナー 59.50
宿泊代 108.00

お土産

注)クリックしても大きくなりません。

【ルドンド】

陶器
1つのマグカップに、ニワトリと花の両方が描かれています。

ルドンドの陶器

【エヴォラ】
コルクのサンダル
他にポーチや鍋敷きも購入。とても良い感触(^^)

コルクのサンダル

 

その他

Europcar

Evora Restaurants

ポルトガルの地図

メールはこちらまで