4日目 5/3(Mon)

""

アレンテージョ地方の小さな街、その2。

生涯最高の朝食かな♪

実は今日ほど朝食を楽しみにしていたことはない!booking.comのレビューが全般的に非常に良いこともあるが、多くの宿泊者が「朝食が美味しい」とコメントしていたから。「旅先での生涯最高の朝食」と書き込んでいた人もいたほど。

私達は2番目にレストランに到着、「Bom dia(ボンディーア、ポルトガル語でおはよう)」と声を掛けると、奥から「Bom dia」と聞こえる。う〜ん、ポルトガルの朝だ!と既に陶酔状態。基本的にはビュッフェ形式だが、温かいメニューは全てオーダー制になっている。

飲み物はメイア・ドゥ・レイテを注文。カプチーノもありますよーと言われたが、ここは断固としてマイブームのメイア・ドゥ・レイテにしてみた。 そして、夫も私もオムレツやソーセージを注文。

カットフルーツにフルーツポンチ、ヨーグルト、チーズ、ハム、生ジュース(ニンジンのジュースもあった)、パン、スイーツ、どれも美味しい。美味しいだけではなく、丁寧に作られた感じが伝わる。また、この辺りでとれるハチミツやミネラルたっぷりの天然塩も嬉しい。

食べていると、続々と他の宿泊客も入ってくる。挨拶は「ボン・ジュール」、そう、ポルトガルの観光客はフランス人がとても多い。オムレツを出されたときも「ボナ・ペティ」だったし。

食べていると、スタッフが気さくに声をかけてくる。そして、宿泊者同士も声を掛け合う。「どこから来たの〜?」「日本です。」「東京は知ってるわ。」

私が思うに、ここの最大の魅力は「コミュニケーション」。料理を通して、会話を通してのコミュニケーションが、素敵な時間を作ってくれる。

アライオロスへ

ホテルに一番近い城門から真っ直ぐ延びるN144-4号線を走る。城門までは徒歩1分の距離だが、一方通行のため車では大回りした。

初めは水道橋を右手(東)に見ながら北上し、間もなく水道橋をくぐる。日本で経験しないことは何だって楽しい。

10分ほどでN370号線に入る。相変わらず長閑なドライブだ。あっという間にアライオロスの街に到着し、さぁどこに停めようか、とキョロキョロしていたら、ちょうど公園に沿って車が停まっているではないか。ラッキー!私達もその列に加わる。

駐車した公園の周りにはタクシー乗場があり、N370号線を走ってくると自動的にこの辺りに着く。次にこの場所に来るのは簡単だと思うが、観光客向けの駐車場があるかどうかは不明。

エボラの水道橋 N144-4号線 N370号線からの風景 春ですねぇ

<写真>左:エヴォラの水道橋  中央:N144-4号線  右:N370号線からの風景

絨毯の町アライオロス

〜 アライオロス散策 〜

公園の周囲に絨毯のお店を見つけてしまった♪もちろん入ってみる。小さいながらなかなか良い感じ。アライオロスには観光というより買物に来たので、これは期待大だ。数件を見て歩いたが、時間が早すぎたようで、まだオープンしてないお店も多い。そこで少し観光することにした。教会、リマ・イ・ブリト広場を経由してお城へ。

街並みは、白い壁にカラーのアクセントが効いていて、爽やかでかわいい。アクセントカラーの黄色は貴族、青色は庶民、灰色は宗教関係の建物を表すそうだ。エヴォラでは灰色や黄色が目立っていたが、ここは青色が多いように思う。

アライオロスのリマ・イ・ブリト広場近くの教会 アライオロスの路地 アライオロスの路地

<写真>左:リマ・イ・ブリト広場近くの教会 中央・右:アライオロスの路地

〜 アライオロス城 〜

お城まではリマ・イ・ブリト広場から数百mの距離、最後は階段を上って行くと城門に到着。城壁内には白いお城がちゃんと存在していた。中には入れなかったが、ここからの眺めはなかなかのもの。天気の良い日なら、お弁当持参ポイントだ。

アライオロス城 アライオロス城からの眺め アライオロス城からの眺め

<写真>左:アライオロス城 中央・右:アライオロス城からの眺め

〜 絨毯探し 〜

さあ、そろそろ絨毯探しに戻ろう。再びリマ・イ・ブリト広場辺りを中心に何軒もお店を突撃。結局素敵なマダムのいる「Casa Quintao」というお店で購入。お店を決めてからも、図柄で迷い、サイズで迷い、形(正方形、長方形、円形)で迷い 、迷いっぱなし。同じ柄でも配色違いもあるから大変。迷うだけのものがあるから仕方ない。このお店は広場前の角地の店舗の他、もう1店舗大きなお店があり、両方見ちゃったから更に迷った。

迷った末、一度お店を出て、広場前カフェで作戦会議。最終的には直径1.54mの円形、古典柄の青系を選んだ。花柄に幾何学模様、孔雀やウサギ等の小動物と、盛りだくさんに織り込まれた絨毯。

マダムはあまり英語が得意ではなかったが(仏語はペラペラらしい)、すごく話し好きで、終始マダムのペースにはまった私達。最後はハグされ、ほっぺた同士を何回か触れ合い別れた。このポルトガル式の挨拶、すごく良い思い出になった(^^)

〜 銀製品? 〜

ポルトガルは銀製品がとても安いと本で読んだので、アンティークショップも覗いてみた。あった!思わず3点購入。ところが、結構ここからが時間がかかった。お店のオバサマは、英語が話せない。気を利かせたつもりか、どこからか若い男性を連れてくる。英語が話せるということらしいが、実際話せなかった。購入した製品は、J. Dores というメーカーで、ポルトガルでは有名なのか、オバサマがしきりにアピールしてくる。そして…、後で辞書で調べたところ、純銀ではなく純錫だった、あはは。

エヴォラモンテへ

ポルトガルに来るまでは、モンサラーシュに行くつもりだったが、昨年のトスカーナ州ドライブ旅行でやや立ち寄りすぎた嫌いがあったので、今回は諦めた。その代わり、アライオロスから近く、ポルトガル観光局サイトに載っていたエヴォラモンテに行くことにした。

アライオロスからは、もと来た道N370号線を少し戻り、N4号線をエストレモス方面へ。Vimieiroという町を過ぎたところで右折れしてN372号線に入る。10分ほどだろうか?エヴォラモンテ城が見えてくる。それから間もなくN18号線に出るので左折し、数分でエヴォラモンテの中心に到着。

中世のお城が建つ小さな村に行くには、中心から左手(北側)に続く道路を上っていく。

N4号線からの眺め・ブドウ畑 N372号線からの眺め・牧場 N372号線からの眺め・エヴォラモンテ城

<写真>左:N4号線からの眺め・ブドウ畑 中央:N372号線からの眺め・牧場
右:N372号線からの眺め・エヴォラモンテ城

エヴォラモンテ

〜 太陽が降り注ぐ村 〜

小さな村で、しかも高台、駐車場も小さかった。幸い観光客は私達だけなので、何の問題もなかったが。問題があるとすれば、この強風、凄過ぎる。。。

立派な城門をくぐると、一見お城っぽくないお城が見える。上から見ると、正方形の四隅に円をくっ付けたような形だ。この辺りでは、お城はやはり要塞のようなものなのだろう。

少し歩くと、白い壁に明るい茶色の家が立ち並ぶ。眼下にはコルク樫やオリーブが広がり、本当に絵になる美しい景観だ。サングラス無しでは耐えられないほどの日差し、白い壁が一層そうさせる。昼間というのに本当に静かで、誰にも会わない。ここにもシエスタがある?

〜 レストランがない 〜

エヴォラモンテでランチする予定なのに、レストランがない(涙)。あったとしても営業してない。ポルトガル観光局のサイトでは、村に3箇所あるレストランで、景色を楽しみながら食事をしよう!とあったのに。。。散策後は、お手洗いだけ済ませエヴォラに戻ることにした。

エヴォラモンテの城門 エヴォラモンテ周辺の景色 エヴォラモンテ

<写真>左:エヴォラモンテの城門 中央:エヴォラモンテ周辺の景色 右:エヴォラモンテ

エヴォラモンテ城 エヴォラモンテ エヴォラモンテ

<写真>左:エヴォラモンテ城 中央:エヴォラモンテ 右:エヴォラモンテ

〜お勧めルートだったのに…(涙) 〜

エヴォラへは一本道、N18号線を走るだけ。何も考えず、お腹も空いたことだし、すぐにエヴォラに戻ってしまったが、後で地図を確認したところ、N18号線のモンテエヴォラからエストレモス(エヴォラとは反対方面)は、ミシュランお勧めの風光明媚なルートだった。ちょっと惜しい気も…(^_^;)

エヴォラ

〜 ランドリーサービス 〜

ホテルに到着後、フロントで洗濯物を受け取る。 旅行中だって、日常と同じく汗もかくし汚れたりもする。特に夫は、そのまま放置したらカビが生えるんじゃないかと思うぐらいの汗をかく(←国が違えば慰謝料請求ものの発言だと夫が煩い^_^;)。バスルームやコインランドリー(ホテル内にある場合のみ)で自分で洗う場合もあるが面倒だし、状況によっては無理。今日は、夫のTシャツ、下着、靴下の3点を2セット、ランドリーサービスに出した。さすがにホテル料金、もったいない気もするが…。

〜 ランチ 〜

エヴォラモンテでランチを逃したため、今日も遅いランチとなった。もう何も考えないで一目散に、昨日と同じCafe Arcadaへ。昨日と同じ男性スタッフがやってくる。さすがに私達を覚えているようだ。ちょっと嬉しい。昨日と違い、すごーくお腹が空いているわけではないので、軽めにオーダー。実は、朝食が美味し過ぎて、食べ過ぎた(-_-;)

本日のランチ↓↓

アレンテージョ風トマトスープ × 2
本日のパスタ(ボロネーゼ) × 1
白ワイン、レモン入りミネラルウォーター(デキャンタ)

〜 エヴォラ散策&お買物 〜

昨日に続き、ブラブラ歩く。 見学というより散歩だ。公園ではお昼ねもした。暫くダラダラ過ごした後は、10月5日通りRua 5 de Outubro でお買物。昨日から気になっていたお店alforgeへ。マッサ・デ・ピメンタォンやコリアンダーペーストなど、ポルトガル料理にかかせないものを購入。何故か夫はニワトリの置物を買っていて、これが一番高かった。

エヴォラの公園・今日は清掃の日? エヴォラの公園 エヴォラの公園の孔雀

<写真>左:N4号線からの眺め・ブドウ畑 中央:N372号線からの眺め・牧場
右:N372号線からの眺め・エヴォラモンテ城

〜ディナー in Luar de Janeiro

ホテルで準備してくれたレストランガイドから、第1希望は Luar de Janeiro に決定!決め手はスタッフのコメント「the food is very very very good.」だ。何とveryが3つも付いている。私の中ではすっかり三ッ星レストラン級。

とはいうものの、お店を見たら気が変わるといけないから、予約はしないで行ってみた。ホテルから東へ水道橋まで歩き、水道橋沿いの道を南へ。ちょうど水道橋の南端で左折(東へ)。少々分かりにくいので、ホテルで確認する方が良い。目立つお店ではないので、素通りしそうだったが、無事到着。

なかなか家庭的な雰囲気で良さそう、入ろう♪幸い席があったが、小さなお店なので予約しないとこの時期でも入れないかも。

Luar de Janeiroへは、水道橋が目印。

いろいろメニューをチェックしたが、最後はツーリストディナーを選んだ。前菜、お勧めのメイン料理にデザート、ドリンクも含んだ料金で、支払であれれっと思うこともなさそう。

本日のディナー↓↓

パン Pao
前菜2品

メイン

・Cabrito Assado no Forno(子羊とポテトをオーブンで焼いたものらしい)

・Esparregado e Arroz de Hortela (ほうれん草?ペーストとミントのリゾットらしいけど…だっけ?)

フルーツ

カフェCafe
ワイン、ジュース

さすがに地元の人が勧めるだけのことはあって、どれも美味しく頂いた。特にメインの2品は美味しかった。Cabrito Assado no Fornoは見かけはヘビーだが、味はあっさりしていたし、Esparregado e Arroz de Hortela も、ほうれん草のペーストとリゾットを一緒に食べるとちょうど良い塩加減で美味しい。また、量もちょうど良かった。

フルーツの量は多め、お腹はいっぱいだったが、これは別腹、完食した。最後にエスプレッソを頂き、ご馳走様でした(^^)/

ライトアップされたカルヴァリオ修道院

data

行程

08:00 朝食
09:40 ホテル出発

10:10 アライオロス到着
12:30 アライオロス出発

13:05 エヴォラモンテ到着
13:30 エヴォラモンテ出発

13:55 エヴォラ ホテル到着

14:20 ランチ&エヴォラ散策

16:40 ホテル到着

20:00 ディナー
22:00 ホテル到着

天候

晴 最低9℃/最高22℃
(テレビの天気予報から)

食事

朝:ホテル
昼:Cafe Arcada
夜:Luar de Janeiro
   ↑↑↑
このサイトは、メニューを見ることができ、お勧め(^^♪

宿泊

Albergaria Do Calvario
(Evora)
敷地内に無料駐車場あり。

地図

アライオロス Arraiolos

大きな地図で見る

エヴォラモンテ Evoramonte

大きな地図で見る

エヴォラ Evora
大きな地図で見る

エヴォラの地図エヴォラの地図

費用(単位:ユーロ)

ハンドメイド絨毯 480.00
銀製品3点
ミニチュアのカップ&ソーサー(陶器)
70.00
アライオロス
リマ・イ・ブリト広場
エスプレッソ×2
1.20
Cafe Arcada
ランチ
18.30
マッサ・デ・ピメンタォン
コリアンダーのペースト
イチジクのコンポート
14.00
ディナー
Luar de Janeiro
57.00
宿泊代 108.00
ランドリーサービス 18.00

お土産

【アライオロス】

ハンドメイドの絨毯
Quintaoというお店で購入。お持ち帰り用の布製バッグも嬉しい。
自宅に敷いて毎日眺めているが、飽きるどころか、どんどん好きになる。

ルドンドの陶器

純錫製品

純錫製品

【エヴォラ】
マッサ・デ・ピメンタォン
Massa de Pimentao

赤ピーマンのペーストで、ポルトガル料理にかかせない調味料。alforgeというお店で購入。ここのは美味しいが、手作り(?)のためか、帰国後微妙にオイルが漏れていた。
幸いラップ、ジップロック等を持参していたので事なきをえた。

マッサ・デ・ピメンタォン(赤ピーマンのペースト)

Pisos de Coentros
コリアンダーのペースト

これもalforgeというお店で購入。レシピ通り伝統料理アソルダ・アレンテジャーナを作ったが、分量が書いてないので適当に入れたせいか、美味しいとまでは言えない出来。しかもポルトガルで飲んでいないものも原因かも。。。 カジキのソテーに添えてみたところ、こちらは◎だった。

コリアンダーペーストとレシピ

イチジクのコンポート

イチジクが11個もゴロンと入っていたが既に残り3個。ヨーグルトと一緒に頂いた。

ニワトリの置物
ニワトリは、ポルトガルでは幸福のシンボル。このサイトのヘッダーやフッター(このページの左上と右下)に登場するニワトリもalforgeで購入したもの。

その他

Europcar

Evora Restaurants

ポルトガルの地図

メールはこちらまで