5日目 5/4(Thu)

""

ドライブの終わりはいつも…。

別れも楽しい!?

〜 エヴォラ最後のお買物♪ 〜

今日も美味しい食事を頂き、楽しかったアレンテージョ地方ともお別れの時がせまる。フロントで最後のお買物をする(笑)。帰国後暫くポルトガルライフを楽しもうと、朝食で頂いたハチミツ、トマトジャム、天然塩(おっお高いっ!)、アロマ石鹸(バスルームにあったもの)を購入。

Hugoさんは、まさか私達がこんなにコマゴマ買うとは思わなかったのか、慌てて袋を探す。よくよく考えると、私達もホテルでお土産を買うのは珍しいかも。

〜 エヴォラ最後のおしゃべり♪ 〜

いよいよ感動的な別れ…と思ったら、ホテルの出入り口駐車している車のせいで出られない。Hugoさんがまたまた慌ててドライバーを探しに行く。私達はというと、呑気に女性スタッフと最後の楽しいおしゃべりタイム。「プリウスは日本から乗ってきたのぉ?」なんて話しで大笑い。そしてそのまま笑いながら出発。

世界遺産シントラへ

〜 シントラへ 〜

N114号線→A6号線(E90)を走る。相変わらず長閑な風景だ。アレンテージョ地方がすっかり気に入った私達は、本当に名残惜しい気持ちでいっぱい。幸い今日は私達的には強行軍のスケジュール、寂しさを引きずっている暇はない。それにしても満足な地図もなく、ほとんど下調べもしてない状態で一大観光地へ向かうとは、なんてチャレンジャー。

A2号線に入り、リスボンに近付くにつれ交通量が増し、気がつけばクリスト・レイが右側にそびえ立ち、4月25日橋を渡る。噂通り、ちょっとゴチャゴチャした橋だが、Hugoさんによると、シントラ方面へはヴァスコ・ダ・ガマ橋経由よりこちらの方が早いそうだ。

途中で1度だけ標識を見落とし、IC19号線を下りてしまったが、何とか戻れた。さすが世界遺産シントラ、標識、怠りなし。

10:52通過 交通量の多い4月25日橋

10:55通過 IC19号線シントラ方面へ 11:01通過 IC19シントラ方面へ 11:15通過 IC19シントラ方面へ

〜 シントラ到着 〜

標識頼りに走っていたら、駐車場が見えてきた。が、満車、所狭しと停められている。

これ以上進むともっと酷い状態になると思ったのか、夫はこの駐車場に入った。ぐるんぐるんしていると、一人のおじいさんが声を掛けてくる。自分の車が出るから待つようにと。ラッキー!

11:30 シントラ駅から500m東にある駐車場

世界遺産シントラ観光

〜 お手洗い事件 〜

この駐車場に決めたのは夫の直感だが、結果的には好判断。夫の言うとおりに歩くとシントラ駅に出た。おぉ、ちょっと尊敬。。。駅のインフォメーションで地図を頂き、お手洗いへ。有料だ。こんな時に限って二人とも小銭がない。とほほ、と思ったら、扉が少しあいているではないか。ほほぉ、入っちゃお。そしてこの後事件が。私は夫のことをすっかり忘れて扉を閉めてしまった。オォマイガーッ、夫、憮然。

〜 観光開始 〜

シントラ駅にちょうど434番のバスが停まっている。シントラ観光にピッタリの1日券をドライバーさんから購入して乗り込む。そして、みんなの降りるところで下りたら、王宮前だった。

シントラ駅 シントラ駅 王宮前

<写真>左、中央:シントラ駅 右:王宮前の通り

とりあえず王宮の中へ。が、ここではお手洗いだけで、王宮内の見学は取りやめ。全てを見る時間がないからだ。

再びバス停へ行くが、まだバスは来そうにない。私はカフェへ走り、ミネラルウォーターやパンを購入。お腹が空いたし、ペーナ宮に行ったら何も食べられないと思って。

食べていると、バスが来た。混んでいるが座れた。クネクネした道をバスはぐんぐん上っていく。

王宮とレプブリカ広場

〜 ペーナ宮殿 〜

チケット売場で待たされること20分。何でこんなに要領悪いの(怒)、ひょっとしてランチ休憩で人手が足りない?

門から坂道を上ると、カラフルなペーナ宮殿が見えてくる。ほんとにテーマパークのようだ。天気も良いし、写真をガンガン撮ってしまう。外観も内部も様々な様式が混在していて、きっとどの国の人が見ても、エキゾチックなものに感じるだろう。

私にとって嬉しかったのは、カフェ。まさか宮殿内で飲食できるとは思わなかった。宮殿からの眺めは素晴らしい、せっかくなので2回目のランチタイムをとる。知っていれば、シントラ駅からペーナ宮殿に直行していたところだ。要領が悪いのは私達が上かも。

ペーナ宮殿 ペーナ宮殿 ペーナ宮殿 何とカフェがある

ペーナ宮殿からの眺め 緑が濃い ペーナ宮殿 よく見ると動物園? ペーナ宮殿 よく見ると動物園?

〜 ムーアの城跡 〜

マイスイートハニー(夫から昇格、バカにしてるのかと怒られそうだが^_^;)の判断で、ペーナ宮殿からムーアの城跡へは歩く。道路沿いには、多くはないが駐車場があり、しかも空いている。王宮周辺の駐車場も満車ではなかったから、まだ観光客の多い時期ではないようだ。たぶん私達の駐車したところは、現地の人も利用するから混んでいたのだろう。無料だし。

ムーアの城跡は、ペーナ宮殿とは打って変わって外観は地味だが、迫力満点。狭く急な階段を歩きながら大パノラマを楽しむことができる。景色ならペーナ宮殿でも楽しめるが、ムーアの城跡はこれにスリルが加わる。何もない吹きっさらしの城跡、今日のような強風の日は、油断すると飛ばされそう。よって、すごい場所に来てしまった感がある。

ムーアの城跡からも歩いて王宮へ戻る。行程の半分森の中なので気持ちが良い。ある程度下ると、2本の煙突が目立った王宮の全貌を見ることができる。

ムーアの城跡 ムーアの城跡 シントラの町と大西洋が見える ムーアの城跡から徒歩で王宮へ戻る

〜 シントラのお菓子 ケイジャーダ 〜

王宮まで戻ると、ちょっとさすがに疲れた。カフェの看板が目に入る。おぉ、ケイジャーダだ。ここシントラのお菓子、食べずには帰れない。

期待大で食べてみると、うん?悪くはないが、美味しい!というほどでも。きっとお店によって味も様々だろうから仕方ない。

後でネットで調べたところ、Piriquitaというカフェのケイジャーダが美味しいらしい。

シントラのお菓子 ケイジャーダ

ユーラシア大陸最西端・ロカ岬へ

〜 幸か不幸か 〜

カフェからも歩いて駐車場へ。ムーアの泉と公園を過ぎた辺りを右に曲がり、シントラ駅の東側に出るルートをとった。 坂道を上ることになるので、このルートがショートカットになったかどうか分からないが。

歩道橋を渡り、駅の西側へ出ると、なんと大渋滞。のろのろ運転というより、動いてない。警官が対応に追われている。私達は道路の反対側に渡したかったので、日本人っぽく?軽くアピールしながら車の前を横切ると、その車のお兄さんから声を掛けられた。ナンパか(笑)、はたまた文句か。

どちらにしろ渋滞をさけられ、ちょっとラッキーな気分で駐車場に到着。観光エリア内に停めなくて本当に良かった。マイスイートハニー、やったね!

〜 ロカ岬へ 〜

ペーナ宮殿で頂いた地図(なかなか分かり易い)で、シントラの脱出ルートを確認し出発。無事、N247号線に出られた。

暫く路面電車の線路と並行して走る。この電車、マサス海岸まで続いているそうだ。時間さえあれば、是非乗ってみたいし、ビーチでノンビリしたい。

ロカ岬へN247号線を走る 道路に平行して路面電車の線路がある

標識に従い走る。くねくねした道だが、交通量が少ないため、さほど運転しずらくはないようだ。

私はというと、ふっと睡魔に襲われる。気がつくと、ロカ岬は目の前。

ロカ岬到着

ロカ岬

少し陽が傾き、ほんのりオレンジ色がかったロカ岬、美しすぎる…。感動だ。カモンイスの詩「ここに地果て 海始まる」の碑を見ると、一層感動した(涙)。

日が沈むにはまだまだ時間があるし、それを待つ余裕もないので、売店で飴を買い(売店のお姉さんは片言の日本語が話せる)、そして、インフォメーションで最西端到達証明書を発行してもらう。

裏表紙にある7ヶ国語の説明の最後が日本語。そこには「陸尽き、海はじまる」と書いてあった。

ロカ岬 カモンイスの詩を刻んだ石碑 ロカ岬から大西洋を臨む ロカ岬 カモンイスの詩 ここに地果て、海始まる

<写真>左:カモンイスの詩を刻んだ石碑、中央:ロカ岬から大西洋を臨む 右:カモンイスの詩

リスボンへ

夫は往路と同じルートで帰ろうとするが、私は納得できない。インフォメーションのスタッフに尋ねたところ、2ルートを紹介された。

1つはカスカイス経由の眺望が素晴らしいお勧めルート、もう1つは内陸を通ってA5号線を走るルート。

リスボンに着く頃はきっとラッシュ時、後者のルートで帰ることにした。

ロカ岬からリスボンへ 大西洋が見える

毎度のことで書き飽きたぐらいだが、都会へ向かうのは簡単だが、ホテルを探すのは大変。今回は今までの反省を生かすべく、見つけやすいホテルを選んだ。

A5号線を走り、終点のポンバル公爵広場を右折し、リベルダーデ通りを少しだけ行くと、すぐ右手がティヴォリホテルだ。

ところが、夫はホテルを素通りし、ガソリンスタンドを探す。私がA5号線でガソリンスタンドに寄ろうと提案したのに拒否されていた。結局市内をウロウロしたあげく、渋滞にはまり、そしてガソリンスタンドは見つからないまま。車内では私が発した言葉の一撃に夫は腹をたて、険悪なムードでティヴォリホテルに到着。

A5号線でリスボン市内に突入 A5号線でリスボン市内に突入 トンネルを抜けるとポンバル公爵広場

<写真>左、中央:リスボンA5号線 右:ポンバル公爵広場

リスボン

〜 ティヴォリホテル 〜

やっとホテル到着、ここではちゃんとドアマンが扉を開けてくれる。そして、荷物も下ろしてくれて、隣接するホテル内のEuropcarにレンタカーを返しに行くとも言ってくれた。さすが5星ホテルだ。

が、1つ大きな問題が。そう、ガソリン満タン返しプランなのに、ガソリンスタンドに寄れなかった。事情を説明し、私はドアマンの案内でフロントへ行き、夫はEuropcarへ。

〜 Europcar 〜

ロビーで待っていると、夫は機嫌よく戻ってきた。Europcarのスタッフも、親切で楽しい人だったようだ。車はノーチェック で返却完了だし(もともとボコボコだから?)、 ガソリンも実費だけで良いそうだ。後日カード引き落としのため、ガソリンメーターや走行距離などから予測される料金も教えてくれた。

〜 夕暮れのリスボン散策 〜

ホテルで暫く休憩した後は、夕暮れ時の風景を楽しむために街へ繰り出す。まずは、リベルタ通りを南下しケーブルカーのグロリア線に乗る。初・ケーブルカーだ。乗っているのは観光客ばかり、きっと夕日を見に行くのだろう。

リスボン ケーブルカー(グロリア線) リスボン ケーブルカー(グロリア線) リスボン ケーブルカー(グロリア線)

<写真>上:リスボンのケーブルカー・グロリア線
下:サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台からの眺め(20時ごろ)

ケーブルカーを降りると右手にはサン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台がある。ここは私の中では絶対はずせないポイント。が、今ひとつやる気のない夫、さっきのガソリンスタンド事件が尾を引いていると見える。

こんな美しい景色を何故楽しまないの!?と心の中で怒りながら、私は写真を撮り続ける。

サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台からの眺め(20時ごろ)

よく見ると、サン・ジョルジェ城だけでなく、2日目にトラムで通ったカテドラル、泥棒市会場でもあるサン・ヴィセンテ・デ・フォーラ教会も見える。

本当は二人でうっとり眺めたいところだが、事情が事情、短時間の滞在で終わる。

サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台からの眺め(20時ごろ)

この後、カモンイス広場までブラブラ歩き、ポルトガルおいしい旅日記(準備編参照)に載っているTendinha da Atalaia という魚介料理レストランを探したが、なぜか見つからず。もっとも名前も覚えていないのに、ガイドブック自身を持ってこなかったのが原因。

〜ディナー in Quebra Mar 〜

かなりお腹が空いた。既にうろうろしているお腹の余裕は無いため、最初にチェックしたシーフードレストランに戻ることにした。ホテルからリベルダーデ通りを少し南下したところにある。

お店に着いたのは21時前。かなり賑わっていた。私達の近くで日本人の団体(団体ツアーではなさそう)が、すごく楽しいそうに食事をしている。かつて海外で日本人がこんなに盛り上がっている姿を見たことがあるだろうか!?夫とてきっとミュンヘンのビール祭りぐらいだろう。しかもすごく好感が持てる。私達も負けじと盛り上がろう!

本日のディナー↓↓

Salada de Polvo (タコのサラダ)
パン Pao

メイン

・Saldinhas Assadas(イワシの塩焼き)

・Gambas Espanha? (夫曰く、エビのBBQ)

カフェCafe
ボルバのワイン、カクテル

このレストラン、どれもとても美味しい。新鮮な魚介類をシンプルな調理方法で食べさせてくれる。食堂っぽい雰囲気も愉快で、お店の人もとっても陽気だ。テレビは、やっぱりサッカー。そう、このお店、テレビがあるあたりも食堂っぽい。

〜 ポルトガル語を習う(^_^;) 〜

楽しいディナーも終わり、近くのお兄さんにお勘定をお願いする。「Il conto, per favore」 、なぜかイタリア語を話す夫、酔ったか。するとそのお兄さん、人差し指を横に振りながら「チッチッチッ」と。

そして急にペンを取り出し、机の上に敷かれていた紙製クロスに「 A conta, faz favor.」 と書いた(正確には、もう少し長い分だったが、単語を忘れてしまった^_^;)。すぐに私は「ア コンタ ファシュ ファボール」と声に出して言うと、たまたま流暢に言えた。

お兄さんから「パーフェクト」と褒められ、大喜びの私は「勝った!」と言わんばかりに夫に視線を送る。でも夫も楽しそう。ポルトガルの人はどこまでも陽気、最後の最後まで楽しい時間が過ごせた。

data

行程

08:00 朝食
09:35 ホテル出発

10:50 Almada料金所通過

11:30 シントラ到着
11:50 王宮到着
12:40 ペーナ宮殿到着

14:20 ムーアの城跡到着
14:35 ムーアの城跡出発

15:05 王宮前のカフェ

15:55 シントラ駐車場出発

16:20 ロカ岬到着
16:45 ロカ岬出発

17:35 ティヴォリホテル通過

18:35 ティボリホテル到着

19:40 リスボン散策
20:50 ディナー
22:10 ホテル到着

天候

晴 最低10℃/最高19℃
(テレビの天気予報から)

食事

朝:ホテル
昼:ペーナ宮内カフェ
夜:Quebra Mar

宿泊

Tivoli Lisboa
(Lisbon)
隣接する系列ホテル内に
Europcarあり。

地図

エヴォラ Evora
大きな地図で見る

シントラSintra
シントラ広域地図シントラの王宮周辺地図

費用(単位:ユーロ)

エヴォラ
天然塩250g
8.00
エヴォラ
アロマ石鹸1個100g
3.50
エヴォラ
ハチミツ410g
7.00
トマトジャム410g 7.00

↑ここまではレシートがないので多少違うかも。

Coina料金所 8.05
Almada料金所 1.35
シントラ観光1日券 4.50
ペーナ宮殿&ムーアの城跡 入場料 14.00
ペーナ宮殿内カフェ
(ランチ)(コーヒー除く)
3.30
王宮前カフェ 10.20
Carcavelos料金所 1.25
天然塩500g 9.99
ケーブルカー 1.40
ディナー
Quebra Mar
37.50
宿泊代 151.00

お土産

【エヴォラ】

アロマ石鹸
Sabao a barra というメーカーのもので、とても香りがよく、4種類購入↓
Canela Laranja(シナモン&オレンジ)
Aveia(エンバク)
Alfazema(ラベンダー)
Chocolate Menta(チョコレート&ミント)

ハチミツ
朝食で出されたもの。さすがオーガニック製品、中に小さな虫が…。

ルドンドの陶器

大西洋の天然塩
Rui Simeao Tavira
Flor de Sal

これも朝食に出されたもの。エヴォラで購入したが、エヴォラ土産というよりポルトガル土産。日本でもここで売ってます。

マッサ・デ・ピメンタォン(赤ピーマンのペースト)

【リスボン】

大西洋の天然塩
ティヴォリホテル近くのお店で購入。

コリアンダーペーストとレシピ

その他

Europcar

ポルトガルの地図

メールはこちらまで