6日目 5/5(Wed)

""

もっともっと居たい…、リスボン。

ベレン地区へ

〜 目指せベレン、目指せ朝食! 〜

ティヴォリホテルは、朝食なしのプランで予約。夫が、おっと、マイスイートハニー(^_^;)が外で食べようというので、早めに出発。ホテル周辺で適当なカフェに入るかと思いきや、地下鉄アヴェニーダ駅へ。

初日に購入したプリペイドカード「Viva Viagem」へチャージする。今回は発券料不要。英語表示もあるので、使い方は難しくないようだ。

寝起きが悪い上に往生際の悪い私は、アヴェニーダ駅のスナックコーナーで念のため軽く食べないかと提案するが却下、続いて降車駅のカイス・ド・ソドレ駅でも提案却下。そのまま国鉄に連れて行かれる。

地下鉄の券売機

〜 券売機でさえ… 〜

国鉄の券売機を使うのは初めて。3台あるうちの1台は子供に取り囲まれ、先生と思しき大変ふくよかな女性が操作。誤操作を繰り返しているようで、レシートが大量に(本当に大量に)落ちている。

私達は、券売機の前に来たものの、使い方が良くわからない。と思っていたら、若い女性が「説明しましょう」と声を掛けてきた。マシントラブルか?その女性がいきなり隣の発券機を前にした女性に話しかける。交渉成立らしく、私達が割り込むことに。なんで皆こんなに親切なのか。感謝感激。

〜 2の意味は? 〜

女性が指で「2」を示しながら「2チケット?」と問いかけてくる。私達は完全に二人の「2」だと思い込み、答えはイエス。これがカン違いの始まり。1枚だけチケットを渡されたので、二人分で1枚なんだぁと話しつつ改札機を通ろうとしたところ、通れない。近くにいた駅員さんが今ひとつ分かり難い英語で説明してくれる。

夫は理解したのかどうかわからないが、もう1回買いに行く。その間私と駅員さんとの「これは2チケットなんだ」「私は二人分買った」とのバトル(言い過ぎか)が続く。

結局、二人ではなく、2回券の「2」だった。彼女は、往復するのか?という気持ちで質問し、見本で一人分を購入してくれたのだ。あはは。ということで、女性が購入してくれたのは2回券、夫が後から購入したのは1回券(片道)。ちなみ国鉄でもでもviva viagemが出てきてしまい、発券料を取られていた。

〜 国鉄の車窓から… 〜

ホームには電車が停まっていた。種類も確認しないで乗ってしまう。夫に各駅停車しかベレンは停まらないと言ってみたが、夫は気にしてない様子。。。

電車が動き出した。ワクワクする。車窓からの景色を暫く楽しんでいると、何故か発見のモニュメント見えた。そう、急行に乗ってしまったのだ。そして世界遺産ベレンの塔も見てしまう。

Alges駅時刻表

〜 反省 〜

Alges駅で降りた。ベレンへ戻る電車は、15分ほど先だ。お腹が空いているというのに何てこと、とほほ…(涙)。

ベレンに行くには「Cascais Todas(カスカイス往き各駅電車)」か「Oeiras(Oeiras往き)」に乗らなければならなかった。 やっぱり、急がば回れ、確認すれば良かった。

国鉄 電車の種類と停車駅

ベレン地区観光

〜 ベレン地区散策開始 〜

ベレン駅から真っ直ぐ北へ歩き出す。ワクワク感が一層増す。

国立馬車博物館で左(西)へ曲がると、憲兵らしき男性が何人も立っている。明らかに警官ではない派手な服装。夫がここは宮殿だと教えてくれた。納得。

ベレン地区のトラム 何両も繋がっている

パステイス・デ・ベレン

本日1つ目の目的地「パステイス・デ・ベレン」到着。待ちに待った朝食だ(^^♪

定番だが、パステル・デ・ナタとビッカを注文。評判通り焼きたてで美味しい。もちろん粉砂糖とシナモンをふりかけ頂いた。

このお店、実はすごく奥が広く、団体客も受け入れできるスペースがある。食べたかどうかは不明だが、私達がいる間にも幾つか団体さんが入ってきてお手洗いを利用していた。

老舗「パステイス・デ・ベレン」 パステル・デ・ナタ(エッグタルト)とビッカを注文

お手洗いもすごく広くて驚いた。しかも入口の壁は美しいアズレージョ。団体さんが次々写真を撮っていた。

世界遺産ジェロニモス修道院

パステイス・デ・ベレンとジェロニモス修道院は隣のようなもの、お店を出て少し歩くと、いきなり全貌が見えてくる。今日も快晴、白亜の修道院が眩しい。離れていても彫刻の繊細さは十分分かるが、近くで見ると圧倒される。

中に入ると打って変わって温かみのある回廊が中庭を囲んでいる。中庭では公式イベントの準備をしていた。中庭の全貌を写真に収められず残念だが、特別な日に来たようでラッキー感も。

世界遺産 ジェロニモス修道院 世界遺産 ジェロニモス修道院 中庭 世界遺産 ジェロニモス修道院 回廊

<写真>左:外観 中央:中庭 右:回廊

世界遺産 ジェロニモス修道院 アズレージョ 世界遺産 ジェロニモス修道院 祭壇 世界遺産 ジェロニモス修道院 2F回廊から撮影

<写真>左:アズレージョ 中央:祭壇 右:2F回廊

〜 発見のモニュメント 〜

ジェロニモス修道院から発見のモニュメントに行きたいが、川沿いの道路が渡れない。うろうろしていると、観光客と思われるグループが警官に行き方を聞いている。ありがとう、私達も聞きたかった。目立たないが、ちゃんとインペリオ広場の南側に地下道の入口があった。

発見のモニュメントは修道院以上に来たかった場所。私自身、海への憧れが強いからかもしれない。期待を裏切らない颯爽としたモニュメントで、大海にこぎ出でようとする気持ちが伝わる。

発見のモニュメント前から撮影 4月25日橋とクリスト・レイ 発見のモニュメント 先頭はエンリケ航海王子、左端に写っているのが詩人カモンイス。 発見のモニュメント 3番目がヴァスコ・ダ・ガマ

発見のモニュメント前の広場には世界地図があり、各地の発見年号が刻まれている。これを目で追うのが、なかなか楽しい。

多くの観光客が自国を探す。私達ももちろん日本を探した。たまたま他の観光客が日本を踏んでいて謝られてしまった。謝る必要は全くないが、思わず口から出てしまったようだ。遠い日本がどこにあるのか知ってることに逆に感謝したい。

発見のモニュメント付近のカフェ 時間があれば入りたかった

〜 侮れない発券機の使い手 〜

今日は街歩きを楽しみたいので、そろそろベレン地区とはお別れ。私は往復券を持っているが、夫はベレン駅の券売機で帰りの片道切符を購入した。この時は特に何とも思わなかった。

暫くしてフランス人の若いカップルから「券売機の使い方、わかりますか?」と声を掛けられる。夫がサポートして無事発券完了。彼らから「私達より日本からきた貴方の方が、この券売機を使うのは難しいでしょう。」と言われるので、正直にカイス・ド・ソレド駅である女性から教えていただいたことを説明した。

こんなやり取りも個人旅行ならではで面白い。私を空腹にさせた罪で一度下がった夫の株も、再び上昇(笑)。

カイス・ド・ソレド

〜 リベイラ市場 〜

カイス・ド・ソレド駅からすぐそばにリベイラ市場がある。地球の歩き方にランチがお勧めとの投稿もあり寄ってみた。

間もなくお昼、さすがに市場自体はそろそろ終わりそうな様子で人もマバラ。鮮魚コーナーにいたっては、ほとんどの店が閉店。1Fのカフェはあまり入る気がしないので、2Fへ移動。

リベイラ市場

こちらはポルトガルお特産品や本を売っているが、2日目に行った泥棒市のようなトキメキは起こらなかった。そして肝心のレストランは…、営業しているかどうかも分からないような状態。

どちらにしても活気溢れる市場を見るには、もっと早い時間に来なければならない。

リベイラ市場

バイシャ・シアード地区 その1

〜 ランチ 〜

たった1区だが、地下鉄でバイシャ・シアードへ。駅から近いPastelaria Dianaでランチタイム、時折トラムが通り過ぎるのが見え、リスボンらしさが楽しめる。難点は、量が少ない。

・フィッシュ(やっぱりタラ)&チップス
・ペンネ
・レモンジュース×2

Pastelaria Diana でトラムを見ながらランチ。

テレーザ・アレクリン Teresa Alecrim

さぁさぁ、楽しい時間の始まり。ドライブ旅行を初めて以来、買物をする癖がついてしまった私達。最初のお目当ては、バイシャ・シアード駅からすぐのテレーザ・アレクリン Teresa Alecrim。ちょっと高級なリネンがお手頃価格で買える。腐らないし軽いし可愛い。お土産にぴったり。

オウロ通り

〜ナポレオンNapoleao 〜

次はナポレオンNapoleao。夫はスタッフに説明を聞き、試飲もして、ヴィーニョ・ヴェルデやジンジーニャを購入。満足気だ。

それにしても、このお店も陽気な人揃い。しかも正直者で、いかにも土産用っぽいジンジーニャも1本入れたら「This is bad!」と言われてしまった(^_^;)。

〜 ゴディヴァ Godiva 〜

ナポレオンから南へ、コルメシオ通りと交差するところに可愛い靴屋さんが。これまた入ってしまう。そして何故かサンダル購入。これで夏のビーチライフは完璧だ。

コンセルヴェイラ・デ・リスボラ Conserveira de Lisboa

お店に入った途端、虜に…。小さいお店だが魅力的。パッケージもディスプレイも良い感じだ。たくさんの言語による説明文の中には日本語もあり、魚の種類くらいは確認できる。

が、あまりに種類が多いので適当に選んだら、バカリャウが1個しか入ってなかった。お勧め6缶セットの方が無難かも。

コンセルヴェイラ・デ・リスボア Conserveira de Lisboa

ついでにオリーブオイルも購入。ビンが積み上げられるように工夫されているのも面白い。

そして、このお店はラッピングもすごい。手際よく包装紙に包み、紐をかける。目が離せない。しかもすごく魅力的に仕上がっている(右側のDATA欄参照)。

帰国後もっともっと買えば良かったと後悔。お土産にも最適。

コンセルヴェイラ・デ・リスボア Conserveira de Lisboa

カステラ・ド・パウロ Castella do Paulo

月並みだが寄ってみた。長崎で修行したというだけあり、本当に日本のカステラだ。が、ここでのお目当ては、アソーレス諸島のフルーツケーキ「ボーロ ドシュ アソーレシュ」。試食し満足したので購入。二人とも両手はお土産、一旦ホテルに戻ろう。。。

バイシャ・シアード地区 その2

〜 コンビニ? 〜

再び出発。

ホテルから南に少し歩いたところにコンビニのようなお店がある。実は昨日この店で買った飴が欲しくて、また来てしまった。3種類買ってみたが、Dr.Bayardののど飴が一押し。咳をしているおじさんマークが目印だ。

ティヴォリホテル近くのカフェ もっと時間があれば行きたかった。

Pingo doce

さらに南へ歩き、1゜Dezembro通り(ロシオ広場に面した道より1本西側)にあるスーパーマーケットPingo Doceへ。乾燥ポルチーニ茸探してウロウロしていたら、夫が見つけてくれた。ついでにバカリャウのオイル漬け缶詰も手にしていた。

〜 Celeiro Drogaria 〜

必要にかられ向かいのドラッグストアへ。ポルトガルの強い日差しですっかり肌は日焼けし、しかも乾燥しているせいか顔が痛い。ということで、パックを買いに。塗るタイプと貼るタイプを購入した。スーパーも楽しいが、ドラッグストアも負けてない。

〜 カフェ Pic-Nic 〜

小腹が空いたのでちょっと休憩。記憶が曖昧だが、ロシオ広場の西側辺り、大通りに面したPic-Nicというお店。ホットドッグと紅茶でお腹と気持ちを落ち着かせる。

Confeitaria Nacional

老舗だけに、伝統的な素朴なお菓子が多い。箱物だけではなく、量り売りのクッキーもある。母の手作りクッキーや焼き菓子で育った私には懐かしさいっぱい。ちなみに私が食べたうちでは、お店のWebページ英語版で、Egg Cookiesカテゴリーにある涙のような形のお菓子が一番お勧め。

ここはカフェもあるので、なぜPic-nicに入ってしまったのか、目先の食べ物に飛びついたことを反省。(このお店が気に入ったということで、Pic-nicに落ち度があるわけではない。)

フィリグラーマのお店 Ourivesaria da Moda

この後、雑貨のデパートPolluxへ。夫は全くやる気がないどころか、ここは結構だと言わんばかり。なので、チラ見しただけ。 そして夫に連れて行かれたのが、伝統金銀細工のお店Ourivesaria da Modaだ。お店に入ってすぐに店員さんに何やら話をし、地下に案内される。

おぉ、眩しすぎる.*゜☆ 。 目の保養に来たのかと思いきや、夫が数多くのフィリグラーナの中から「これが良いかなぁ」とか勧めてくれる。えっ、プレゼントしてくれるの?!

Polluxで「早く出ろ」的な態度に感じ悪ぅ〜と思ったが、「早く行こう」だったのね。ゴメンね、マイスイートハニー(^^♪

トラムとケーブルカーの街・リスボン

〜 ゴミ箱 〜

最後に大物を購入してショッピング終了、街をブラブラする。

すると、夫がゴミ箱ハンティング。どうしても撮りたいゴミ箱があった。というのも、ポルトガルは喫煙天国で、灰皿付きのゴミ箱を何度も見かけ気になっていたらしい。右の写真がその現物。

灰皿付きゴミ箱

〜 最後はやっぱり… 〜

陽が傾き、だんだんポルトガル旅行も終わりに近付く。最後にまたトラム28番に乗ることにした。コンセイサオン通りからカリャリース辺りまで。この時刻に景色を見ながらゴトゴト揺られると、ちょっとノスタルジックな気分にさせられる。

次はビッカのケーブルカーに乗る。乗客は私達だけ、動く気配なし。待ち時間を写真を撮ったりして楽しんだ。結局ケーブルカーには往復乗ってしまった。テージョ川が見え、リスボン情緒たっぷりだ。

トラム28番でカリャリースへ。 ビッカのケーブルカー ビッカのケーブルカーからテージョ川が見える。

<写真>左:トラム28番 中央:ビッカのケーブルカー 右:ビッカのケーブルカーからの眺め

〜 ポルトガル最後のディナー 〜

明日は早朝出発なので、早めのディナータイム。バイロ・アルト地区でレストランをさがす。どこからかファドが聞こえる。遅い時間でないとファドは聞けないと思っていたが、観光客向けに早めに始めるファドハウスもあるようだ。お店の人が「ファド、ファド」といって声を掛けてくる。といってもやはり営業しているレストランは少ない。

ウロウロしているうちに営業を始めたレストラン「シナル・ヴェルメーリョ Sinal Vermelho」に入る。決め手は雰囲気。 何をオーダーしたか今のところ思い出せないのが残念だが、美味しく頂いたはず。レシートもないし、旅日記帳にも書いてないとは…。

記憶にはっきり残っているのは、スタッフ。オーナーっぽいスマートな身のこなしの男性(「プロ」と呼ぼう)と、その人から再三アドバイスを受けている新人。

この新人さんに「Meia dose, por favor.(半量にしてください)」といって注文すると、なにやら二人でゴソゴソ会話した後プロがやってきて、半量のオーダーは受けられないと。二人のやり取りはこんな感じ。私としては、一度このフレーズを使ってみたかったので目標達成ではある。すごい量ではなさそうだし。

新人さんが食後にデザートを勧める。英語が上手く話せないようだ。ここぞとばかりに「Dois cafe, por favor.(コーヒー2つお願いします)」と私が言うと、安心した表情で戻って行く。ふふ〜ん、私の俄仕込みのポルトガル語も役に立つではないか!結構満足(^^)

それにしてもこのお店、人気がある。気がつけば満席で、プロが入店を断っている。ガイドブックにも載っているためか日本人の予約客も多い。

〜 お湯がでない 〜

気持ちよくディナーを終えホテルに戻る。ここからは帰国の準備に忙しない。今年は、昨年や一昨年と違い夫がダウンしてないのがありがたい。交代でシャワーを浴び、荷作りに励む。

ところが、後からシャワーを浴びた夫が不満気に部屋に入ってくる。なんとお湯が出なかったのだ。クレームをつけたいところだが、ここで時間を費やす余裕はない。旅の最後の夜は、毎年何かトラブルが起こる。

data

行程

08:35 ホテル出発

09:10 カイス・ド・ソドレ駅出発
09:19 Alges到着
09:36 Alges出発

09:50 パスティス・デ・ベレン

10:25 ジェロニモス修道院

11:05 発見のモニュメント

11:30 ベレン駅到着
11:44 ベレン駅出発

11:55 リベイラ市場到着

12:25 カイス・ド・ソドレ駅

12:35 ランチ(バイシャ地区)

15:15 ホテル到着
16:15 ホテル出発

17:20 カフェ

18:50 ケーブルカー・ビッカ線

19:40 ディナー

21:15 ホテル到着

天候

晴 最低9℃/最高22℃
(テレビの天気予報から)

食事

朝:Pasteis de Belem
昼:Pastelaria Diana
夜:Sinal Vermelho

宿泊

Tivoli Lisboa
(Lisbon)
隣接する系列ホテル内に
Europcarあり。

地図

リスボンLibon

大きな地図で見る

費用(単位:ユーロ)

Viva Viagemチャージ
1日券1人分
3.70
国鉄 乗車券+発券料
2回券1人分
2.90
ジェロニモス修道院
1名分
7.00
ランチ 16.80
Napoleao Wine
ワイン等5本
70.63
Godiva サンダル 27.50
アレンテージョのオリーブオイル250ml×2本 11.80
缶詰 6缶 12.34
フルーツケーキ 1本 8.00
バカリャウ オイル漬け 2.97
乾燥ポルチーニ茸30g 3.49
Pic-Nic カフェ 10.50
ディナー
Sinal Vermelho
 
宿泊代 151.00

お土産

【ホテル近くのコンビニ(?)】


Dr.Bayardののど飴が一押し。

Dr.Bayardののど飴

【ナポレオンNapoleao】

エヴォラの赤ワイン
エヴォラの赤ワイン

ヴィーニョ・ヴェルデ
夫のお気に入り 。

ヴィーニョ・ヴェルデ

ジンジーニャ

右側がお店のお勧め。

ジンジーニャ

【コンセルヴェイラ・デ・リスボラ Conserveira de Lisboa

缶詰
1缶1缶包装された缶詰が所狭しと並べられている様は圧巻。
可愛くて、あれもこれも欲しくなる。しかも美味しい。お醤油を添えればビールにも合う。
魚の缶詰
オリーブオイル
ビン底中央がくぼんでいて、ビンが積み上げられるようになっている。味もとても良い。
オリーブオイル

思わず見とれる梱包
本当に手際良いし可愛い。
ラッピング

【カステラ・ド・パウロ Castella do Paulo

カステラ・ド・パウロ Castella do Paulo のボーロ ドシュ アソーレシュ(フルーツケーキ)

【Pingo doce

ロシオ広場付近のスーパーマケット。

バカリャウのオイル漬け
日本でも売ってますが、ちょっとお高い。これを使ってグラタンやバカリャウ・ア・ブラスを作ったところ、ポルトガルの味が再現できた♪
バカリャウのオイル漬け

乾燥ポルチーニ茸
毎年恒例のお土産。
乾燥ポルチーニ茸など

その他

Europcar

ポルトガルの地図

メールはこちらまで